私とあいつと夏休み 1

周りの人間はあいつをおかしな奴だと言う。
私もあいつをおかしな奴だと思う。

周りの人間は、おかしな奴と言ってあいつを避ける。
私は、おかしな奴だと思ってあいつと会話する。

周りの人間の『おかしい』は『奇怪』なのだろう。
私の『おかしい』は『面白い』なのだ。

私は周りの人間から、頼りになると言われる。
私はあいつからは、頼りになると言われたことがない。おかしな奴と言われたこともない。あいつはよく私に話し掛けて来るが、私のことをどう思っているのだろう。
友達か、否か、それが問題だ。

夏休み。私はクラブ活動に勤しむ。
夏休み。あいつは学校の図書館に籠っている。

クラブ活動でいい汗を流した後、私はノドを潤すために体育館横の自動販売機に寄った。オレンジジュースを手に入れた時、あいつが来た。
「おっす。」
「ん。」
私はジュースの缶に唇を当てながら素っ気なく返事をする。そして近くの花壇の縁に腰掛け、足を組む。普段は教師がうるさいが、今はいいだろう。
そんな私に目もくれず、あいつは自動販売機で迷わず『青汁~しるこ風~』を買った。この学校はこんな奇特な奴のために、訳の分からない飲み物を置いているのだと思うとある種の感動を覚える。おそらく校長辺りも愛飲しているのだろう。
「ところで俺は考えた。」
「ん?」
始まった。私はこいつのこの台詞で始まる話を面白いと感じている。好きだと言ってもいい。傍からは聞き入っているようには見えないが、内心はワクワクしている。今度はその口からどんな突拍子のない言葉が出て来るのかドキドキしている。
「罪って言葉があるじゃん。『罪と罰』の罪。そんでから、積むっていう動詞があるじゃん。その連用形は積み、積み木の積みだ。」
私は瞳を使って、「それで?」と続きを促す。
「罪と積み。音が同じってこと以外にも関係があると思うんだ。」
「ほう?」
私は缶から唇を離して、足を組みかえながらあいつの方を向いた。
「例えばバベルの塔ってあるじゃん。あれは天高く建材を『積んだ』から神様に怒られた。つまり積むことは罪なのだ。それから賽の河原の話があるじゃん。自分の『罪』のために石を『積む』わけだ。そして積み終わると思ったら鬼が来て、積みきれない。罪は消えないってことかな。他にもカードゲームで同じカードをたくさん入れることを『積む』って言うじゃん。強いカードをたくさん入れられれば、それだけ強いってこと。強いってことは罪だからな。」
私は懐疑的な瞳をあいつに向けた。
「最後の例は違うのではないのか?強さと罪にそんな関係があるのか?」
するとあいつはいつものオーバーリアクションで弁解を始めた。
「うおおっとお!説明が足りなかったあ!では強いことが罪であることを説明しよう。まず俺とゴジラみたいな大怪獣を比べると、大怪獣の方が強い。次に俺がここでじだんだを踏んでも何て事はないが、大怪獣がじだんだを踏めば大地震、大被害だ。つまり強い者は、弱い者がしても罪にはならないことでも罪になる可能性があるのだ。強ければ強いほどその範囲は大きくなる。最終的に、強すぎると存在自体が罪になるのだ。よって、強いってことは罪なのだ。」
「…その論理からいくとゴジラを殺せる『人類』はよほど罪深いな。」
「うっ!」
「お前も『人類』の一員。大怪獣の方が強いという前提は大丈夫か?」
「うむむ…。」
私はジュースを飲み干して、缶をゴミ箱に放り込んだ。
「宿題、だな。人間は考えることが取り柄だそうだ。たくさん考えろ。」
悩んでいるあいつを尻目にわたしは髪を風に揺らしながら、その場を去った。私はあいつが一生懸命考えているのを好ましいと思う。悩み、苦しみ、考え抜いて成長するのを期待している。しかし、そんな葛藤を好ましいと思う私は随分と罪深い。
あいつがこの宿題にどんな答えを出すか楽しみだ。ところで、私にも一つ宿題がある。私はあいつが好きなのか、あいつが考えているということが好きなのか、ということだ。


この答えはいくら考えても分かりそうもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年05月31日 01:09
何だか“おかしな”話が始まりましたね。面白そうです。
罪と積み。なかなか興味深い・・。「魔王」の安藤くんを思い出しますね。
しかし青汁しるこ風味とかwwwww

佐久間「そう、我々の言う“変態”は、肯定的な意味なのだ。」
山田「普通は否定的な意味しか無ねけどな!」
八武「否定的な意味の言葉を肯定的に使う。良いことだ。」
山田「・・まぁ、逆よりは良いかな。」
2012年05月31日 17:47
確かに「おかしい」。もちろんユニークという意味で。でも、言い負かされている。そこがまた面白い。
2012年05月31日 21:01
>アッキーさん
楽しんでいただけて嬉しい限りです。
小さな事柄であっても何かを感じて思考を巡らせてみると、あのような考察に行き着くかもしれません。

パルナ「…『青汁~しるこ風~』って売れてるの?」
白龍「いいえほとんど。飲みたいんですか?」
パルナ「遠慮する…。」
2012年05月31日 21:01
>ブラックホークさん
ユニークと評していただき、ありがたいです。彼女を言い負かすのは結構難しいです。ちなみに彼女は以前出て来たキャラクターの一人。

この記事へのトラックバック