鐘を鳴らす プロローグ

鐘を鳴らそう。鐘を鳴らそう。始まりの鐘を鳴らそう。
皆に聞こえるように。皆に届くように。
鐘を打とう。鐘を打とう。始まりの鐘を打ち鳴らそう。
皆に伝わるように。皆が分かるように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年09月10日 23:24
刺激的なプロローグで始まる物語。
いい感じですね。

佐久間「この国中♪鐘を響かそう♪」
山田「違うと思う。」
佐久間「じゃ、せむし男?」
八武「世の中に・恨みを込めた・落書きが・ノートルダムに響き渡れり。」
山田「そっちが近いかもな。」
2012年09月11日 23:49
>アッキーさん
さあ、開幕の鐘が鳴り響き、新たな物語が始まります。
鐘を鳴らすのは誰か、何のために鳴らすのか。ヨーロッパで鐘の音が鳴るのは結婚式か葬式と相場が決まっているとかいないとか。響き渡るのは恨みかそれとも…。それでは本編をどうぞ。

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: 鐘を鳴らす プロローグ 千花 白龍の憩いの湖/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-05 19:40