季節外れの肝試し(前編)

おいどんの名前は水太 権田(みずぶとり ごんた)。高校一年生でごわす。おいどんはこんな大きな体を持っているのでごわすが、気は凄く小さいんでごわす。今日はうっかりして教室に宿題プリントを忘れてしまったんでごわす。ああ、怖いでごわす、怖いでごわす。夜の学校、怖いでごわす…。でも宿題の提出日は明日の一時間目の授業。取りに行くしかないでごわす…。
なけなしの勇気を振り絞って学校の教室に向かうと、明かりが点いているでごわす。まだ先生が残っているのか、それともおいどんと同じように忘れ物をした誰かがいるんでごわすか?とにかく、これはありがたいでごわす。
「ごわーす。」
『お、白木様…じゃない!?』
「出たー!狐のお化けでごわすー!」
教室になぜか見知らぬ女性と喋る狐が!おいどんは大慌てで逃げ出したでごわす!

「出たでごわすー!」
「あら、水太さん。こんばんは。」
その時、トイレから出てきた白木どんと出くわしたでごわす。
「ししししし、白木どん!出た、出たでごわす!お化けが!」
「教室で?」
「その通りでごわす!」
「水太さん、大丈夫です。」
にこっと笑ってそう言って白木どんは教室の方に歩いていくでごわす。
「し、白木どん!?危ないでごわすー!」
「大丈夫ですよ。」
白木どんは大丈夫、大丈夫と連呼してどんどん教室の方へ進んでいくでごわす。ついていくのは怖いでごわすが、白木どんを見捨てる訳にもいかんでごわす。おいどんはなけなしの勇気を歯磨きチューブのように絞り出して白木どんについていったでごわす。

教室の前まで来ると中から声がするでごわす。
「ドンコ!お前はホントにドジだな!」
「…姐さん、あと何回殴るんすか…。」
「お前のドジが直るまでだ!」
「そんな!死んじゃいますよ!」
「お前のドジは死んでも直らんだろ!全く、白木様に何と言い訳すればいいのやら…。」
「だから追いかけて捕まえればよかったのに…。」
「馬鹿!ここはあたしらの縄張りじゃないんだよ!ここでの部外者はこっちだってことを忘れるんじゃない!」
おいどんは恐怖のあまり足がすくんでいたでごわす。
「ほ、ほら、白木どん…。狐のお化けが話し込んでいるでごわす…。」
「大丈夫ですよ、水太さん。」
そう言って白木どんは教室の扉を開けたでごわす!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年01月20日 12:08
コング「ごわすでごわす」
火剣「夜の学校は誰でも怖い。水太権田は怖がりじゃなくて普通だ」
コング「夜に墓場には行けても学校には行けない」
火剣「墓場は密室じゃないからな。でも学校は逃げ道がない」
コング「静かで暗い。教室に喋る狐がいたら普通は気絶のレベル」
火剣「そういう意味で権田は勇気があるほうだ」
コング「しかも白木翼を守ろうとした。男ではないか」
火剣「コングに褒められるとは凄い」
コング「実直で不器用な男は応援したくなる。キザでモテそうな男は共感しないが」
火剣「褒めてるのか、けなしてるのか、わからなくなって来たぞ」
コング「翼ほど度胸満点で危なげがないヒロインも、毒者にハラハラドキドキを与える場面が少なくなるからマイナス」
火剣「基本的に世の中、毒者の趣向には合わせてない」
コング「毒者がネットを支えているのに」
火剣「うーん・・・深い見地だ」
2013年01月20日 22:35
本当に水太くん出てきた!
そしてキツネたちも準レギュラー化?

佐久間「水太は強キャラだな。」
山田「強キャラは翼の方では?」
佐久間「間違えた、キャラ的に強いだ。忘れられない個性。」
山田「確かに。」
呵々闘諍
2013年01月21日 17:48
輪廻「昼ならまだしも、夜にこれは勇気があっても怖いよ!」
愛縷「狐って結構まじまじと見ると顔付きが怖いしね。」
輪廻「それにしても、どうして学校にいるんだろ?」
愛縷「結婚式の前日の話とかかな?」
2013年01月21日 20:34
>火剣獣三郎さん
水太君の登場でごわす。夜の学校は、昼間とのギャップがあって更に怖いですよね。水太君は自分にあまり自信がないので臆病だと思い込んでいる節が少々あったりします。そうか、閉鎖的な空間が一つのポイントか。確かに逃げ道がないと恐怖倍増。狐が喋っていたら昼間でも怖い。水太君はもっと自信を持ってもいいと思いますね。勇気を振り絞って翼ちゃんを守ろうとするのもポイント高い。共感を呼んでおります。
翼ちゃんの安定度は異常なぐらいですね。やってることは一見危ないように見えるけど…。翼ちゃんがピンチになってハラハラドキドキを与える瞬間?うーん…。

ヨーコ「そんな日は永遠に来ない!」
白龍「言い切っちゃったよ。」
プリスター「でも、ネットを支えている毒者の意見も無視出来ないわね。」
白龍「逆に聞きたいんだけど、翼ちゃんってどうなったらピンチになるの?」
プリスター「…え?」
2013年01月21日 20:34
>アッキーさん
さあ、お待たせしました水太君でございます。そして前回の繋がり(?)で狐達も再登場。キャラが強いだなんて、最高の褒め言葉じゃないですか。嬉しいなぁ、忘れられないだなんて。今回の活躍で更に忘れられないようになるかも?
2013年01月21日 20:35
>呵々闘諍さん
白龍「喋る狐、めっちゃ怖い。」
パルナ「何か言ってる!」
白龍「喋らなければまだ怖さもマシだったと思うんですが。」
パルナ「ホントに何で学校にいるの?」
白龍「結婚式とは直接繋がりはないんですが、時間的には近いですね。六月ぐらいの話です。困り事があったので翼ちゃんを頼って、ここに来ました。」

この記事へのトラックバック