第二回人気投票結果発表!その2

白龍「それでは昨日に引き続きまして結果発表です。と、その前に人気投票結果に間違いがございました…。申し訳ございません。0.2票を獲得した24位はGUN-Qさんではなく、GUN-Gさんの方でした。」
GUN-Q『ちっくしょおおおおお!!!!』
GUN-G「まさかワシの出番が来るとは…。」
GUN-Q『あの時ちゃんと殺したのに…。』
パルナ「っていうか、はくりゅーが間違えやすい名前付けるのが悪いんだよね。」
白龍「申し訳ありませんでした。」(深々とお辞儀。)
GUN-G「では少しだけ語ろうか。GUN-Q、いや如月 春香(きさらぎ はるか)よ。」
GUN-Q『如月、春香…?』
GUN-G「そうか、記憶のほとんどを失っていたのだったな。お前は所詮、大いなる計画の残り火にしか過ぎない。奴が立案・実行した天使のように可憐で悪魔のように大胆な計画の、な…。」
GUN-Q『その計画って一体…?』
GUN-G「などという作り事を信じる愚か者め!」
GUN-Q『またかよ!あんたの虚偽癖は死んでも治らないようね!』



翼「ただ今戻りました。」
パルナ「翼も戻ってきたし、三人でもう一度スタート!」
白龍「それでは第9位、2.5票獲得のハデスさんとエリークラさんです。」

ハデス「…。」
翼「何か一言どうぞ。」
ハデス「…めんどくさい。」
翼「はい、ありがとうございます。ハデスさんでした。」
パルナ「じゃあ、エリークラも何か一言!」
エリークラ「とどのつまりは薮蚊、人事!」
パルナ「??」
翼「という訳で協力よろしくお願いします。」
パルナ「????」
エリークラ「済まんが強力なタイフーンだ。」
パルナ「??????」
白龍「だけどパルナちゃんが置いてけぼりですよ?」
エリークラ「良いではないか、こいのぼりではないか。」
翼「かもしれませんが、そろそろシリトリしてるだけだって言ってもいいと思いますよ。」
パルナ「!!!!」
エリークラ「よろしい、ならば打ち切りだ。」(カニ歩きで去っていく。)
翼「はい、ありがとうございます。エリークラさんでした。」
パルナ「何か疲れた…。」



翼「次は3票獲得のヘアルトさんです。」
ヘアルト「こんにちは、ヘアルトです。」
白龍「今のところ短編一小説限り主人公のエリークラさんが上位に来てるのに内心驚いてたんですけど、まさか夏の国編で出てきただけのヘアルトさんがその上をいくとは…。」
ヘアルト「期待されてなかったんだ…。」
白龍「い、いや!そういう意味じゃないんです!ハデス君とカトレーアちゃんに突っかかって、筒姫さんにデコピンをされつつ忠誠心の高さをアピール、そして筒姫さんとの接点を作るという重要な役割を担ってくれてたんですけど、あんまり派手じゃなかったので…。」
ヘアルト「ところで、筒姫様の順位は…。」
翼「もう少し後ですね。」
ヘアルト「そうですか。片腕たるわたしが筒姫様を差し置いて、人気を博する何てことはあってはなりませんからな。しかし、こんなに票を頂けるとは。今後も筒姫様のために誠心誠意尽くしていきます。」



パルナ「さあ、次は4票獲得のこの二人。チュルーリとミッドだ!」
ミッド「チュルーリ様、お茶のお味は如何でしょうか。」
チュルーリ「うむ、美味い。」
白龍「この二人が同票だなんて、なんという偶然…。」
チュルーリ「しかし、英雄の子孫の後から色々あったけど、まさか私達の娘共に封印されることになるとはな…。」
ミッド「何と!」
チュルーリ「ああ、ミッドはその時にはもう死んでたっけ。」
白龍「『英雄の子孫』から『Engagement ring』までの空白の時間の話が明かされていってる…。」
チュルーリ「まあ、私もあんな死に方をしたし、もう誰も私を呼び出す者もいないだろう。後は、のんびりとお前の入れたお茶でも飲みながら過ごすか。」
ミッド「ありがたき幸せ。」
白龍「英雄の子孫のお二人でした~。」



翼「さて、いよいよ5位からの発表です。書く時間がなかったので続きは明日です。」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年01月09日 23:58
火剣「我らがチュルーリはベスト5に入れなかったか」
コング「人を殺し過ぎた」
火剣「まあ、それも理由の一つか?」
コング「人を食い過ぎた」
火剣「確かに残酷なシーンを嫌う人はいるからな」
コング「女を犯し過ぎた」
火剣「確かにレイプはよくね・・・待て。してねえだろ」
コング「ミッドはチュルーリよりも上位に行くことを自ら拒んだのか?」
火剣「ほとんどが魔法使いとか悪魔とか、普通の人間のほうが少ないからな。そういうこともあるだろう」
コング「問題は次だ。いよいよ優勝が発表されるか」
火剣「ランキングというのは冷酷だ」
コング「かごめとジャスミンは果たして何位か?」
火剣「出てねえ」
コング「パルナは1位になれなかったらルビデの言うことを何でも聞くっていうゲームはどうだ?」
火剣「そろそろチュルーリを呼ぼうか?」
コング「NO!」
2013年01月10日 00:20
やっぱGUN-Gの話は、わかっててもハマるわぁwwwww大好きだじーさんww
で、ハデスそれだけかwwwww
エリークラも相変わらずで・・。これが本家の実力か・・・。
しかし何と、チュルーリとミッドが同率とは。別々に票が入りながら、巡り会う。

佐久間「お前ら結婚しちゃえよ。」
山田「もう教会が来い。」
2013年01月10日 23:17
>火剣獣三郎さん
確かに。二作品の長編に渡って登場したチュルーリですが、人を殺し過ぎましたか。チュルーリは主役のために殺しのシーンも他よりもねちっこく書きましたからね…。そして残酷な人喰い…。原因はグロさか。
ミッドとチュルーリの偶然同位には、まるでミッドが拒んだのか、それともチュルーリが留まったのか、そんなことを考えてしまいます。さて、いよいよ5位からの発表です。一体誰が優勝なのか。
しかし、チュルーリさんの恐ろしさが何人かにトラウマを与えるレベルになってる…。
2013年01月10日 23:17
>アッキーさん
GUN-Gさんもハデス君も相変わらずです。ハデス君はもっと喋ってもいい気がする…。そしてマイペースなエリークラさんとそれに対応出来る翼。
チュルーリ、ミッドの同票は私もビックリです。

白龍「そうだ、ここに教会を建てよう。」
パルナ「神父さんこっちこっち。」

この記事へのトラックバック