第四回人気投票結果発表 その1

投票リストはこちら。



パルナ「みんな~!お待たせ~!第四回人気投票の結果発表だよ~!」
千花白龍「アッキーさん、火剣獣三郎さん、表裏さん、ビスケット太郎さん、きむらのほうしさん、すずなさん、皆様、投票ありがとうございます!」
パルナ「今回はキャラクターが多かったから投票も混戦したかな?」
白龍「そうですね。そんな中で選ばれたキャラクター達を紹介して行きましょう。まずは同率38位、0.1票獲得のエクソシストの皆さんです。小岩井博人君、ダニエル・ホワイトさん、水鏡美花さん、神凪さん、河瀬・F・クリームさん、どうぞ!」

博人「あわわわわ…!ダニエル先生、ぼく、場違いな気がします…!」
ダニエル「そうか?」
神凪「上級エクソシストか、見習いかの違いってことかい?別に…ねえ?」
河瀬「気にしなくていいわ。もっと水鏡を見習って。」
水鏡「そうそう、あたしみたいに細かいことなんか気にせず…。…。…こら、河瀬。またあたしのこと馬鹿にしただろ。」
河瀬「むむっ。水鏡がわたしのイヤミに気が付いたとな?」
水鏡「てめえ!」
河瀬「きゃー。」

神凪「やれやれ…。相変わらずだね…。」
ダニエル「喧嘩するほど仲がいい、か。」
博人「これが上級エクソシストの皆さんの信頼関係…。」



パルナ「さあ、次々発表していくよー!」
白龍「続きましては同率36位、コンビで0.3票ということで、単体では0.15票獲得ということになりました、コンビ悪魔のお二人(?)です。五つ星悪魔のクッシルとシルド!」

クッシル「うおおおお!!汚い票をありがとう!」
シルド「最強の矛と盾のコンビ参上だぜえええ!」
パルナ「なんか知らないけどハイテンション…。」
白龍「実力も高く、本来ならもっと暴れていたんですがヨーコさんと出会ってしまったのが第一の不運。そしてヨーコさんを甘く見たのが第二の不運でした。」
クッシル「ちっくしょおおおお!!!暴れたりねええ!!!」
シルド「このままじゃ死んでも死にきれーん!」
パルナ「一応復活して戦ったけどね…。(163参照)」
クッシル「ほとんど見切れてんじゃねーかあ!!」
シルド「ちっくしょおおおおお!!」



白龍「猛っているコンビ悪魔は叫ばせておくとして次に行きますか。」
パルナ「次も同率、34位で0.2票獲得のDC・Ⅵ“愛”とハピネス・マーメイドだよ。」

ハピネス・マーメイド「世界を照らすは読者の投票!世界に届ける希望の響き!愛と奇跡で闇を討つ!正義は絶対無敵なの!魔法乙女(マジカルプリンセス)、ハピネス・マーメイド、ここに参上!!投票してくれたあなたに幸せを
愛『うふふ…投票ありがとう…。愛ね…愛を感じるわ…。愛こそ世界を救うのよ。でも、足りない…。この世界にはぜんっぜん、まだまだ、愛が足りないよお!!!もっと愛を愛して愛を振り撒く!悪魔にあまねく愛を撒く!“愛”が全部、愛してあげる!』

白龍「どうしよう…。同じ愛をテーマにしているはずの二人なのに全然違う…。」
パルナ「こ、細かいことは気にせず次に行こうよ。」



白龍「お次も悪魔軍団です。同率31位、0.3票獲得、グリモス!トルーゴー!ガルギオッド!」

グリモス『やっほー!ボクちん復活!』
トルーゴー「シラキツバサ…奴とは、またいずれ…。いや、何でもない…。」
ガルギオッド「六花がいないのは悲し過ぎるでしょうに…。こうなったら自力で探しに行くでしょうに!」
白龍「おい、止めろ。」

グリモス『エクソシスト共はボクちんが死んだと思っているに違いない。これは次の戦争が楽しみだね。』
トルーゴー「…バレてるだろうな…。シラキツバサがいるから。」
グリモス『え?』
トルーゴー「単なる勘です。」
グリモス『ふーん。ところでトルーゴー、昔に比べて丸くなってない?』
トルーゴー「は?」
グリモス『昔は七つ星悪魔相手でも、もっと生意気な口聞いてたよ?』
トルーゴー「そして、ぶちのめされて生死の境を彷徨いましたね。」
グリモス『トルーゴーの生意気は下克上精神の現れだから、もっと発揮すればいいと思うよ。』
トルーゴー「能ある鷹は爪を隠すというでしょう。」
グリモス『…それ、ルビデの受け売り?なんか、人間っぽい…。』
トルーゴー「…。」
グリモス『…。』



パルナ「キャラがたくさんいるからサクサク行くよ。」
白龍「続きまして第30位、0.4票獲得のカーチャさんです。」

カーチャ『投票ありがとうございます。皆様の癒し、猫カフェ『ケット・シー』で働いていますカーチャです。よろしければお店の方にも遊びに来てください。店員一同、お客様のお越しを心よりお待ちしております。』
白龍(これとあっちとどっちが素で、どっちが猫かぶりなんだろうか…。)
カーチャ『…翼様、次はいつ来てくれるの…?あ、もちろんヨーコは帰れだしぃ。』
白龍(やっぱりこっちが素?)
カーチャ『それでは、あたいはカフェの仕事に戻りますね~。』



パルナ「次の順位発表!たくさんいるよー!」
白龍「同率22位、0.5票獲得はなんと八人。順番に登場してもらいましょう。まずは特級エクソシストのハグルマ・シークレットさんと古蝶揚羽さん!」

シークレット「投票感謝する。」
揚羽「ありがとうじゃよ。」
シークレット「しかし、今回の戦争はもう駄目かと思ったが何とか勝てたな。」
揚羽「犠牲者も多かったがな…。」
シークレット「ああ…。おのれ、悪魔共め…!必ず…いつの日か必ず殲滅してやる…!全ての悪魔を皆殺し、全ての悪魔を灰塵に…!」



白龍「それから悪魔軍団の大駒、ハイプリミストとタンジェクト!」

ハイプリミスト【はーい。こんにちは、こんばんは、おはようございます、ハイプリミストです。残念ながら私の出番はこの話だけで終わりです。悲しいです。でも、もし生まれ変われたら必ず翼を殺しに行きます。そして、殺した翼の首を毎日、毎日毎日、愛でながら自分の偉業に酔いしれて過ごすのです。うひ、うひひひひひひひひ…!】
白龍「なんか、凄い物騒なこと言ってる!」
タンジェクト「ワタシが殺したと思っていたシラキツバサが羽異だったとは…。悔やんでも悔やみきれん。しかも、霧の悪魔様の力で復活したのに冷静さを欠いてしまうとは…。七つ星最強の名は返上だな。敗因は、復活することを頼みにする心があったかもしれんということだ。命を賭して戦う覚悟が足りなかったか…。次がないというのは、こんなにも悔やまれることだったのか…。くっ…せめてルシュファー様と神との再戦の時には馳せ参じたかった…。」
白龍「散々やっておいて…。」



パルナ「あと四人だっけ?」
白龍「では、登場お願いします。翼ちゃん関係の三人、白木鏡子さん、白木真紅さん、白木緑鳥さんです!」

鏡子「皆さん、投票と小説を読んでいただいてありがとうございます。うちの娘、翼の活躍はいかがだったでしょうか。こんなに小さいにも関わらず世界を背負う一角になっている娘です。どうぞ、温かい目で見守ってください。なにせ、無茶するなと言っても聞きはしない娘ですから。」
真紅『全く、翼は毎回毎回無茶しかしないからな。』
緑鳥『同意。』
真紅『まあ、それが翼だからな。毎回綱渡りをして、大切なものを守ろうとして、必死で生きて、そしてそれらを糧にして成長していく。悲しみも苦しみも怒りも、涙も嘆きも震える拳も、翼は自分の力に変えて成長する。そして、誰かを守り、誰かを救い、未来へと歩を進めていく。』
緑鳥『翼には我&真紅、同行。』
鏡子「そうね。色々心配だけれども、皆が支えてくれるからあの子は前に進める。まだ子どもだけど、もう子どもじゃない。翼…。」



白龍「そんでもって、次回作では登場するのかしないのか、未だに人気者、チュルーリさん!」

チュルーリ「かかっ。こうして出てくるのも久しぶりか?投票ありがとう。ただ、私自身が活躍出来ないのが歯がゆいな。白龍、早く私の出番を増やせ。次回作に出すのでも構わんぞ。」
白龍「無茶言わないでください。小説を書くのは時間がかかるんです。それに次回の話は『Engagement ring』の更に未来の話なんですから。……まあ、出ないと言い切るのもあれですが…。」
チュルーリ「いずれバイカの話の続きで出るからそれまで我慢するか。かかっ。」
白龍「そうしてください。」



パルナ「これで22位までのキャラを発表したよ。」
白龍「次回は11位までの人を発表しますのでお楽しみに。」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2014年07月08日 01:41
クッシルとシルドはセットですねー。クッシルのセリフに吹いたwww
全般的に、悪魔たちは憎めないキャラ。
そして悪魔よりも悪魔的なチュルーリさんは、やっぱり特別感があります。

次回は中位陣、さて誰がランクインしているのか・・・?
(ワクワクする為に、他の人の投票は見てない)
2014年07月08日 20:23
>アッキーさん
クッシルとシルドはニコイチってやつですかね。プリスターといい、クッシルといい、汚い票って…。
やってることは人殺しの悪魔達ですが、キャラ的には憎めない。なんでだろう…。
そして、人間(?)でありながら悪魔よりも恐れられているチュルーリさん。いずれ、また小説本編で出したいなあ。
さあ、お次にランクインしているのは…?
2014年07月08日 20:56
しまった。橘六花に投票するのを忘れた。でも10議席の壁はどのみち厚いか。「でしょうに」で思い出した。
2014年07月08日 21:36
そうでしょうに、そうでしょうに。たくさんいると迷うでしょうに。まあ、もしオレが投票出来たら六花に10票入れるんでしょうに。…いや、オレと六花に5票ずつ入れて、同率に…。ひょー!
そう出来なかったのは残念無念でしょうに…。
2014年07月09日 08:54
実は、小岩井博人さんも私の中では候補にあがっていたんです。票を分割することもできたんですが、誰を削るかが悩ましかったので、結局候補から外してしまいました。でも応援してますよ!
2014年07月09日 20:51
>すずなさん
誰かに票を入れようと思えば誰かの票が減るという悩ましさ。でも、応援メッセージは随時受け付けております。小岩井君は見習いながら頑張り屋。将来はダニエル先生とも肩を並べて戦う日が来るかもしれませんね。

この記事へのトラックバック