英雄再来 第十三話 魔王16

魔王とは魔法使いの頂点である。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ペリドットはまず真正面にいたビィに襲いかかった。ペリドットの黒い腕から繰り出される黒い爪の一撃は加速を伴ってビィの王道具『一撃必殺(ハチサシ)』を一発で破壊した。

「!!」
「!!?」

その速さは尋常ではなかった。ビィの反応も、速さに自信のあったキュウの助けも間に合わなかったのだから。ビィに出来たのは咄嗟に腕を上げて防御出来たことぐらいである。王道具こそ破壊されたが、そのために致命傷だけは避けられた。しかし、その破壊の勢いは強く、ビィは地面に倒れ込んだ。

「がっ、は!!」

次にペリドットは急旋回してビィを助けようと接近していたキュウの足を刈り取りにかかった。キュウは前方宙返りで足への攻撃を交わすと同時に爆弾を投げ付けていた。だがペリドットはそれを空中で掴むと宙返り中のキュウの腹に叩き付けた。爆音と共にキュウは吹き飛んだ。

「ああああああ!!!!」

「ビィ!キュウ!」
駆け付けるティイの目の前にペリドットが迫る。
「このっ!!」
ティイは前方から迫るペリドットに向かって溶解液を吹き掛ける。ところが瞬間、ペリドットの姿が消えた。
(えっ!?)
ペリドットは高く飛び上がって頭上から襲いかかってきた。人間は空中からの攻撃に対して弱い。どんな生き物も重力の影響を受ける以上、地上での戦いが主だったものとなる。意識の上でもペリドットがここまで速く視界から消え、空高く飛んで攻撃してくるとはティイには想像出来なかった。ペリドットの一撃がティイの背中を切り裂いた。
「きゃああああ!!」


「てめええええ!!!」
「ぶっ殺す!!」

アイの応急処置が終わったオウとユウがペリドットに向かうが王道具はまだ使えない。二人は肉弾戦を挑んだがペリドットの身体能力は二人を完全に上回っていた。向かってくるオウを真正面から突っ込んで殴り倒し、ユウを蹴り飛ばし、特務隊でも相当の肉体派の二人をあっと言う間に地面に這いつくばらせた。


『害虫共、これが貴様らのお似合いの姿だ。地面に這いつくばり空を見上げる、これが正しい姿だ。非力で無力で愚かな存在。貴様ら如きが魔法使いに逆らおうなどと考えた時点でおかしいのだ。今まで数々の配慮を仇で返すような非人間的な存在が世界に唯一貢献出来るとするならば、それはもう何もせずにいることだ。そして、今までの自分達の罪を悔いて、死ね。』

今のペリドットの力は完全に特務隊の者達を上回っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2015年06月09日 02:03
決して弱くないはずの、さっきまではペリドットを凌駕していたはずの強さを誇る面々が、こうもあっさりと・・・。

山田「それほどまでに魔王の力とは、とてつもないものなのか。」
佐久間「まともに戦えるとしたら、エクス以上になるだろうな。もとい、エクスでも辛いか?」
維澄「確かに、まだ全力を出してすらいないように見えるね。」
神邪「あの黒い魔法使いも、"魔王”だったのでしょうか。」
八武「ということは、特務隊の女子たちを・・」
山田「それ以上は全力で殴るぞ。」
佐久間「しかしペリドットに不利な戦いではある。」
山田「どういう意味・・・あ、チュルーリ一家か。」
佐久間「オネが、どこまで強引に復活を望んでいるかは差し引いても、望んでいるのは確かだからな。ペリドットの敵になることはあっても味方にはならん。それは特務隊の味方になるという意味ではないが・・・。」
神邪「むしろ、みんながオネの味方になるんですね。そうしましょう。」
佐久間「まあ、誰もがツヲや神邪みたいな下僕体質ではないけどな・・。」
2015年06月09日 13:02
火剣「キュウ、大ピンチ!」
コング「腹に爆弾? 酷いことする」
ゴリーレッド「笑顔で言うな」
火剣「人間は上からの攻撃に弱い。車も前方、後方、周囲全てを安全確認しながら走るが、上までは見ない」
ゴリーレッド「電柱が倒れたり、雹が降って来たり。そういう場合はよけられない」
コング「豹が降って来たらパニックだ」
火剣「ビイ、ティイ、オウ、ユウ、みんなやられたか」
コング「ボロボロに引き裂かれた服。肌が露出する。這いつくばり、歯を食いしばり、しかし動けない。憎き仇相手に哀願や命乞いはできない。圧倒的パワーで打ちのめされ、自分の無力に無念の表情。ヒロイン敗北の美しさは芸術だ!」
ゴリーレッド「長い」
コング「動けない女たちにトドメを刺すのかベリドット。ぎひひひ。何か言い遺すことはないか?」
ゴリーレッド「キャラが違う」
2015年06月14日 14:04
>アッキーさん
先程までのペリドットは自分自身の力を散漫に振り撒くか、その力に振り回されていた感じでしたが、今現在は収束して完全にコントロール出来ているような感じです。覚醒したと言い換えてもいいかもしれません。魔法使いの本分は魔法攻撃ですが、通常攻撃だけで特務隊の面々を圧倒出来るほど。それだけ魔王となったペリドットの力は強いようです。このペリドットと戦えるのはエクスやソルディエルなどの限られた者のみか。
かつての黒い魔法使いと酷似した姿であることを考えると、あの魔法使いもまた魔王だったのかもしれません。となると、このままでは特務隊のメンバーが餌食に…?
ペリドットがこのまま特務隊のメンバーを倒したとしてもその先にはやはりオネがいます。自分達の封印を守り続けてきた魔法使い達のことを恨んでいるかどうかは分かりませんが、戦って倒したいとは思っているはず。力試し的な意味も含めて。オネがペリドットをぶちのめして無理やり配下にする展開は有り得る?
2015年06月14日 14:05
>火剣獣三郎さん
自分自身が放った爆弾がそのまま返されてキュウ、大ピンチ!かなりのダメージを負ってしまいました。これ以上の戦闘の続行は難しいか。
魔王となったペリドットには羽根が生え、地上戦も空中戦も今まで以上に自由自在。空中を飛んでいるので攻撃速度も移動速度も上がっているし、空中から一方的な攻撃まで出来るように。あっと言う間に特務隊のメンバーを一掃。回復要員のアイ以外の全員が倒されました。
じっくり舐めるように描写すればコングさんの言う通り、特務隊の皆さんは、服がボロボロだし、かなり露出しています。ユウは風精霊によって全身の服と肌がズタズタ。ただし、アイが全身に包帯を巻いてくれてます。キュウは爆弾によってお腹が露出。特務隊の服が丈夫だったために腸が飛び出るほどのダメージにはなりませんでした。ティイは背中を引き裂かれていて、これも背中開きの服とかみたいな感じ。しかし、全員がそれ相応の出血を伴っています。
こちら側はここまでの重傷で、相手は健在ならば普通は撤退か降参が選ばれてもおかしくはないですが、マチネではソルディエルがオネと戦っているので撤退は出来ないし、魔法使い相手に降参することはマチネの特務隊として絶対に許されない。しかし、力の差は圧倒的。どうする特務隊。このピンチを乗り切ることは出来るのか。それともペリドットが止めを刺してしまうのか。

この記事へのトラックバック