英雄再来 第十四話 エクス3

お前の勝機は握り潰そう。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

『が、は!!!』

ペリドットは大爆発の中から少しでも爆発の少ない方へと全力で移動して、爆発に巻き込まれながらも安全圏まで脱出した。煙を飛び出し、新鮮な空気を吸い込んだその時、奇っ怪な眼鏡をかけたエクスの手のひらがこちらに向いているのが見えた。

(『しまった――――――!』)

光子力放射が放たれる。その軌道は完全にペリドットを捉えていた。



『キャハ!』
ところが光子力放射がペリドットに当たる直前で風精霊(シルフィード)が間に割って入った。乱入した風精霊(シルフィード)は光子力放射を弾き飛ばした。
『アー、ウー。』
風精霊(シルフィード)はまたしてもペロリと舌を出して笑った。



(ペリドットよりも厄介なのは風精霊の方かぁ。)
風精霊(シルフィード)が舌を出して笑った瞬間に、エクスはもう弓矢を構えていた。王道具『神すら操る人の糸(ゼウス・エクス・マチネ)』から弓矢を取り出すのも、それを構えるのも、呼吸でもするかのような無駄のない動きだった。
(ペリドットは動きが鈍い。ビィ達がある程度の体力を削ってくれたおかげかな。ただ、精霊は疲れないし、傷付いても魔法使いを叩かないとすぐ回復する。まともに相手にはしない方がいいなぁ。)
エクスは弓矢を放つ。ただし、放ったのは矢ではなく爆弾だった。

『キャハ!』
風精霊(シルフィード)はペリドットに当たらないように大きな風の手で爆弾を受け止めに向かった。だが、風精霊(シルフィード)が爆弾を受け止める直前、眩いばかりの光が広がった。
『アー、ウー!?!!?』


エクスが放ったのは爆弾は爆弾でも閃光弾であった。強い光を出すだけで直接的な殺傷力はないが、外界からの情報の多くを視力に頼っている者が視界を奪われたらどうなるか。戦闘では圧倒的に不利になり、それがそのまま勝敗を決することも珍しくない。
では、エクスは閃光弾の光をどう交わしたのか。目をつぶっていても強過ぎる光を避けるには光源とは反対方向を向けばよい。しかし、エクスは後ろを向くどころか閃光弾を放った後、そのまま突撃を開始したのだ。


エクスが砲撃戦を始めてから隙を見て王道具『神すら操る人の糸(ゼウス・エクス・マチネ)』から取り出したのは煙も暗闇も光の中であっても相手を見失わないようにする特殊な眼鏡だった。その大きさと重さはかなりなものだが、魔力を探知するので爆撃の煙の中でも正確にペリドットを狙うことが出来たのだ。


そして今、エクスはその特殊な眼鏡を付けているために光などもろともせずに、強烈な光にやられて悶えている風精霊(シルフィード)の隣を駆け抜け、ペリドットの目の前までやって来た。



『うおおおお!!!』
ペリドットは目を瞑って多少は光を避けたが、強過ぎる光のために多少の影響は受けていた。それでも瞳を見開き、エクス迎撃のために魔法を放つ。
『ウィン――――――!!』
だが、その瞬間ペリドットは激しい頭痛と目眩に襲われた。
(『ガッ!!クソっ…!また…!こんな時に…!』)
ペリドットは古代魔法銃デスチル・ジュールを手にした前後から時々、原因不明の頭痛が起こっていた。その痛みに気を取られた一瞬をエクスが逃すはずがなかった。風精霊(シルフィード)はまだ後方。ペリドットは風の結界どころか簡単な魔法すら使えない。エクスの手のひらから光が放たれる。光は光線となりペリドットの腹部を貫通した。

『ぐぎゃああああああああああああああ!!!!!』

ペリドットの叫び声が戦場に響き渡った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年06月28日 13:45
火剣「幹事長や書記長や副役職というのは、長を立て、あまり目立ってはいけない難しいポジションなんだ」
ゴリーレッド「エクスはそれをわかっている賢人だ」
コング「シルフィードは光子力放射も効かない?」
火剣「精霊は傷つかないのか」
コング「それに引き換えペリドットは頭痛って、『人間かっ』と胸に水平チョップを食らわしたくなる」
ゴリーレッド「魔法使いは基本人間だ」
火剣「特殊な眼鏡か」
コング「何だ、てっきり眼鏡っ子は意外に男から人気があるから、エクスも眼鏡をかけているのかと思った」
ゴリーレッド「命懸けの戦場でそんなことを考える女がいると思うか?」
コング「いついかなる時でも身だしなみを忘れたら女子失格だ」
ゴリーレッド「シャラップ」
火剣「貫通? ついにやったか」
ゴリーレッド「しかしペリドットは不死身だ。まだ油断できない」
コング「男に貫通しても・・・待て!」
ゴリーレッド「ジャーマンスープレックス!」
コング「があああ!」
2015年06月28日 23:01
色濃くなってくるエクス最強説。ペリドットを貫いて、ここで気を緩めることもなさそうです。

八武「うむ。普通の眼鏡より、ブラックグラスの方が萌える。」
佐久間「人によりけりだが。」
山田「何の話をしている?」
佐久間「シルフィードが萌えるかどうかも個人差があるという話。」
八武「そうだったかね?」
佐久間「特務隊の実力にも個人差が大きいという話。」
維澄「元々そういう話だったね。エクスは多くの物量を保持しているから、戦況に応じて手を変えられる。それを理解し実践できるところが、エクスの優れたところ。」
佐久間「腹を破られたら、普通は生きていられないが、魔王ペリドットは?」
山田「普通じゃない奴が言うと、これくらいで死にそうに思えないから困る・・・。」
2015年06月29日 22:09
>火剣獣三郎さん
適性で言えばエクスは副隊長、ソルディエルは隊長のポジションがあっています。しかし、それと強さが必ずしも一致するとは限らない。特にエクスはソルディエル以前からジェゼナの元で戦ってきましたから。
風精霊と言えども召喚されたからには傷付くし、一応は攻撃が通じているはずですが、精霊に効果的なのは魔法攻撃なので光子力放射があまり効いていません。それでも、通常ならここまでは魔力が持たずに消えてしまうのですが、この風精霊は少々特殊なようで…。
班長達と戦っている時にも多少、頭痛に悩まされてふらつく場面もあったペリドットですが、ここでも。魔法使いも人間だし、色々と無茶なことをしてようやくこの場で戦っている感じです。
特殊な眼鏡は、現代なら暗視ゴーグルとか防塵ゴーグルとかと赤外線が見えるゴーグルとかそんな感じの道具です。そして、ついにペリドットを撃破!?貫通したので大ダメージを与えたのは確か。しかし、まだ予断を許さない状況であるのも確か。さあ、どうなるのか…。
2015年06月29日 22:09
>アッキーさん
マチネ最強の剣と謳われるだけの実力を秘めていたエクス。魔王となったペリドットすらも圧倒します。エクスの特殊眼鏡は暗視+魔力感知内蔵のゴーグルのような感じで、爆煙だろうが強い光の中だろうが関係なし。ただし、少し重いです。
特務隊はぶっちゃけた話、特攻隊時代のメンバーはエクスとソルディエルのみ。その二人と残りのメンバーで結構な実力差があります。それと王道具の性能や使いこなし具合にも差があります。エクスは自分自身の王道具の能力を最大限発揮出来ています。それはオールラウンダーであるエクスに合った戦い方。武器や兵器の種類が増えていく中で、それらを全て把握し、使いこなすことが出来ているのもエクスの凄いところですね。
流石のペリドットも人間。腹が破れたら長くは持たない。というか普通は死ぬはず。しかし、魔王状態なら…?

この記事へのトラックバック