英雄再来 第十五話 ゼロ5

戦うか、折れるか、それが問題だ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

姉であるオネを前にして、既にゼロは戦意喪失していた。その時、ゼロの脳裏を過ぎったのはマチネで過ごした僅かであっても濃密な時間だった。


ソルディエルに見つかって侵入者として戦わなければならないかと思った瞬間、裸であることを真っ先に心配され、気遣われた。それが本気で心配して、本気で怒っていると感じた。敵ではなく仲間として接してくれた。そして、自分に新しい名前をくれた。
「お前は今日からアールだ!」

濃密な時間だった。壊れたマチネ中枢区画を回って自身の犯した罪を見つめた。真実をその眼に焼き付けた。温かい布団に包まれて眠りに就き、仲間達の温かさに包まれて泣いた。共に歩いてくれる仲間が出来た。マチネ中を回って、人の息吹を感じた。守るべき命がそこにあると感じた。
「特務隊のアール!絶対に皆さんを守ってみせますー!」

魔法使いの襲来でマチネの人々を避難させる作戦が始まった。黒い魔法使いが現れた。守れなかった。気が付いたら、守りたかった人々を守れていなかった。それでもエクス達は守れた。そして伝言を託された。その時にゼロは、自分では黒い魔法使いを倒せないことに気が付いていた。自身の破動砲が効かなかった相手に対し、打つ手が思いつかなかった。エクスが伝言にかこつけて自分を逃がしたことに薄々気が付いていた。守られたことに気が付いていた。敵としてマチネに来た自分が、来て数日の自分が、マチネの住民達を守れなかった自分が、皆に守られている。

ゼロは今まで自分を包んでくれた温かな感情に対して報いなければならないという気持ちが心の底から強く湧き上がるのを感じていた。















「ああああああああ!!!」
突然、ゼロは自分の頭を思いっきり地面に叩き付けた。
「ああ!ああ!あああああ!!」

額から血を流し、鬼気迫る表情でゼロはオネの方を向き直した。
「オ姉様…。貴女の妹ゼロはたった今、死にました…。」

ゼロはホロボロな自分の服の袖を一気に引き千切り、ハチマキのようにして自分の額に巻いた。
「ワタシは、アール!マチネ最強の部隊、特務隊所属の急班班員!隊長に代わってこの地の警護を任された!如何なる者であっても、この地を蹂躙することは許されない!侵入者を――――――排除します!!五精霊同時召喚!!」

その呼び声に応えて、魔力が集まり形を成した。炎精霊(アフレエテ)、水精霊(アクアリウス)、雷精霊(デンリュウ)、土精霊(チタン)、風精霊(シルフィード)が一気に召喚された。

特務隊のアールが勝負を仕掛けてきた!



オネは笑みを浮かべて唾を飲み込んだ。
「そうか…。綺麗な世界だけを見ていた以前のお前とは違うということか…。――――――かかかっ!そうか、そうか!特務隊のアールか!よろしい!ならば戦闘開始と行こうじゃないか!」

小学生ほどの少女の柔肌がゆっくりと灼熱の炎のような赤色に変化していく。周囲の温度がジワリと上がり始めた。

「私は真実と太陽の子、ブラーゼ・オネ・チュルーリ!特務隊のアールよ!私と心ゆくまで戦おうじゃないか!かかかかかっ!!!」

オネは心底楽しそうに笑った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年08月02日 13:33
ゴリーレッド「戦うか、折れるか。ゼロは戦うほうを選んだ」
火剣「魔法使いも人間だから、報恩の心がある」
コング「ワタシはアール・・・言ってしまわれた。姫様!」
ゴリーレッド「うるさい」
コング「そうか、思い出したぞ。ゼロは最初裸だったんだ。魔法使いにしてみれば、裸くらいどうってことないが、ソルディエルにしてみれば少女だ」
ゴリーレッド「何が言いたい?」
コング「ソルディエルは、裸というだけで心配した。敵がいたら服を着ていても危ないのに、ましてや裸だったら危険は高まる。それに、ここは重要なところだが、マチネの男たちも僕のような紳士ではないから危険はある」
ゴリーレッド「紳士?」
コング「アールの選択肢はオネと戦う以外になかったんだ」
火剣「勝ち目は薄いが、それでも従うわけにはいかないからな」
ゴリーレッド「オネはどう出る? 潰すか、力で言うことを聞かせるか」

2015年08月02日 19:05
戦意喪失、これは駄目か!
と思った矢先に、アールとして復活!
そしてオネも切り替えが早い。あっさり理解して爽やかに笑う。これもオネの魅力かもしれません。

佐久間「よーし、いいぞ。良いテンポだ。」
山田「姉妹揃って切り替えが早いな。」
八武「やったね私! ゼロちゃんの露出が増えたよ!」
佐久間「そこに注目するとは、やはり紳士か・・・。」
山田「紳士の発言とは思えない。」
八武「思い切って、全ての服を脱ぎ捨てるんだ! なに、恥ずかしがることはないっ! 大勢が死に絶えた今、マッパで暮らしても普通ではないか!」
山田「マッハで壁に激突したいか?」
佐久間「それだ。」
山田「何が?」
佐久間「高速で激突しても平気なゼロが、地面に叩き付けただけで傷を負う。つまりチュルーリ一家といえども、意識のありようで肉体の防御力は変化する。ひいては、オネにダメージを与えることも可能ということだ。」
山田「おおっ、なるほど!」
佐久間「・・・ということをオネは織り込み済みで、多少のダメージは戦いの高揚に持っていく楽しみ方をするんだろうなァと。」
山田「どうにかして不意を突けないものか。」
佐久間「それはオネが喜ぶ。不意を突かれて地べたを這い蹲り、これほどの痛みは久々だぜぇ・・・どうやら私に本気を出させたいようだワクワク。」
山田「その絶望のビジョンを、どうやって覆したものか・・・。」
2015年08月03日 10:56
>火剣獣三郎さん
ついに戦いを決断したゼロ…もとい、特務隊のアール。自分自身に恩を受ける資格はないと思っていたのに、温かく迎えてくれた恩がある。それを返したいという純粋な気持ちが爆発し、ついにオネと完全敵対。選択肢は一つだけでした。この戦いの行方はどうなるのか。勝ち目が薄くても戦わなければならない時があると、アールは本能的に知っていたのでしょう。一方のオネはどう出るのか。
そうそう、最初のゼロは裸での登場でした。梅花さんもそうだったように、服も一緒ではない不親切(?)設計。でも、召喚のメインは服ではなくその人物そのものですので。←(言い訳)
裸であっても動じない人は案外ひと握りかもしれません。オネは性格的にどうってことはなさそうですが、妹達は羞恥心がありますので。というか、今のオネさんは一度炎に変化してから元に戻っているから…。ツッコミ不在だから誰も言わないけれど、人間狩りよりもまず服着ろと言うべきだったかもしれない。←(反省)
普通に考えて裸の少女がいたら心配すると同時にまず上着をかけてあげるのが紳士。最初にアールを見つけたのがソルディエルで本当に良かったです。

チュルーリ「ナウシカか…。巨神兵や王蟲と戦うのは面白そうだ。かかっ。」
白龍「止めてください。てか、そこに反応しないでください。」
2015年08月03日 10:59
>アッキーさん
妹のゼロとしては恐怖が邪魔をして戦えない。ならば、特務隊のアールとして戦う。それがアールの出した答えでした。一方のオネはそんなゼロの成長を理解し、そして戦闘開始。オネは結構、戦えば全ての問題が前進するか解決すると思っている節があるので、とにかく戦闘に踏み切りました。思いっきりの良さ、行動力の面ではやはり姉妹なので似ているのかも。ゼロの服が全て破ける時、それは貞操具オンリーの姿になるということ。さて、紳士たるものやましい気持ちは隠しておかなければ。←(自戒)
しかし、素っ裸なのはむしろ一度炎に変化して元に戻ったオネの方…。えふん、えふん…。

さて、アールがオネに高速激突した時には風精霊がいたので、ダメージのほとんどは精霊が受けています。そのために風精霊は消滅してしまいましたが…。でも、理屈としては油断している時に攻撃するとより大きいダメージを与えることが出来ます。ただし、オネの場合、肉体が傷付くということがありません。何故なら本気になると全身が炎に変わる=元々の肉体は対チュルーリ封印戦で失っている、ということでしたから。オネが傷付いていてもそれは見せかけというか、魔力や炎であっと言う間に戻ります。だた、ダメージが蓄積するのは事実なので根気強く攻撃していくしかないかなと思います。ガンバですね。
しかし、オネに攻撃すればするほど戦いの高揚感が増して、ソルディエルと戦ったあの完全炎モードに突入しやすくなるという罠。ダメージを受けて興奮するのはツヲさんだけではなかった。戦闘狂とドMは紙一重?こんなところが似ているとは、血は争えませんね。
本来は二度ぐらい死ぬ程のダメージを受けたソルディエルが生き残った時のような奇跡をアールは起こせるのか。起こせるとすれば、それはひたすら戦い続けた先に存在するでしょう。この戦況を覆せるか。

この記事へのトラックバック