2016年5月5日「たんごの節句」

白龍「ぐー・・・。ぐー・・・。」




―――

――――――

―――――――――――


(電車の音)

シズカ「さあ、始まりました。第二十三回目になります、ザ電車バトル。実況と解説は私、シズカとショウスケ君です。」

ショウスケ「いや、訳が分からないんだが。」

シズカ「今回の乗客はカズヤ選手とケンジ選手です。ショウスケ君、どちらが勝つと思いますか?」

ショウスケ「そもそも何なんだ、これは?二人が電車に乗っているだけじゃないか。何をすれば勝ちなんだ?」

シズカ「おっと、どうやら先行を取ったのはケンジ選手!」

ショウスケ「シズカ、僕の話を聞いてくれないか?」



ケンジ(決めるぜ!)


シズカ「出たー!ケンジ選手、鮮やかにつり革を取ったー!そして、そこからの半回転ひねりを加えた着席!つり革を手放すタイミングも文句なし!これは高得点が期待出来ます!」

ショウスケ「…いや、ただの座る動作を解説されても…。」


カズヤ(へへっ…。ケンジの奴、腕を上げたな…。)

ケンジ(来いよ、カズヤ!次はお前の番だぜ!)


ショウスケ「というか、何であいつらはアイコンタクトだけで会話出来てるんだ?」

シズカ「車内でのお喋りは周りの一般人の迷惑ですからね。うっかり喋れば減点です。」

ショウスケ「いや、聞きたいのはそういうことじゃなくて…。というか、さっきの派手な座り方もよくよく考えれば迷惑…。」


カズヤ(さあて、出し惜しみは止めだ。)

ケンジ(何ぃ!)


シズカ「ああっと!カズヤ選手、両手でつり革を掴んだー!」

ショウスケ「…。」

シズカ「これはダブルハンド!?この体勢からではどちらに回っても綺麗な着席は不可能に近い!カズヤ選手、勝負を捨てたのかー!?」

ショウスケ「…シズカが何を言っているのかまるで分からない…。」


カズヤ(見とけよ、ケンジ。これが俺の新必殺技…!)

ケンジ(なっ!カズヤの体が、競り上がって…!?)


シズカ「まさか、カズヤ選手は伝説の大技ダイシャリンをするつもりなのかー!?」

ショウスケ「技名からして絶対に迷惑行為だろ!」

シズカ「失敗すれば選手生命も危ぶまれる技!アブクマ師匠が封印したはずなのに、継承者がいたというのかー!」

ショウスケ「さっさと引退すればいいと思う。というか、アブクマ師匠って誰?」



出るかウルトラC!
次回「車内客の怒号」お楽しみに!


―――――――――――

――――――

―――



白龍「お昼寝楽しす…。」

パルナ「はくりゅー!」

白龍「おや、パルナちゃん。お早うございます。」

パルナ「もう夜だけど…。まあ、細かいことは気にせず、パルナと踊ろ。」

白龍「?」

パルナ「今日は『たんごの節句』なんだから。」

白龍「??」

画像


白龍「って、これはタンゴ!端午の節句とは無関係ですよ!」

パルナ「てへっ









イラスト提供:サーナイトさん。いつもありがとうございます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年05月05日 22:14
白龍さん恒例の、世にも奇妙な夢物語!
車内における迷惑行為を、バトル展開にしてしまう・・・この天才的な発想・・・!
そしてやっぱり怒られるんじゃないですか!
やばい、笑いが止まらねえーーー!!

それはさておき、端午の節句だけにタンゴを踊るよ!
はくりゅーさん、無事に脱皮、もとい退化できたんですね。ミュウに会えたのでしょうか。

八武「男装のパルナちゃんもイイよ!」
神邪「白龍さんは女装しないんですか?」
佐久間「ZRNRAと考えるんだ。」
山田「お前らは何を言ってるんだ。」
2016年05月05日 22:15
佐久間「間違えた、ZENRAだ。」
山田「どうでもいいよ!」
2016年05月06日 23:17
>アッキーさん
ありがとうございます。楽しんでいただけたようで何よりです。通勤時に思い浮かびました。ほんとにこの四人、仲がいいなあ。
端午の節句で、踊っているのは黒猫のタンゴかどうかは分かりませんが取り合えずデスペルの薬を飲んでカイリュー状態からは脱出しました。トップ絵は未だにカイリュー状態ですが…。
パルナちゃんは色々な服が似合いますねえ(←親馬鹿モード)
私の服(?)ですか?カイリューの着ぐるみでちょっと…。あれは無理やり着せられていましたが、次に何かを着る時は鑑定してからじゃないと怖いですね。

この記事へのトラックバック