2016年6月ジューン・ブライド

白龍「よし、この前の土曜日に朝寝、昼寝、夜寝をしたから後一ヶ月は頑張れるぞ。」

パルナ「…。ルナ(パルナちゃんのルナトーンのニックネーム)、はくりゅーにさいみんじゅつ。」

白龍「うっ!急に眠気が…!」




―――

――――――

―――――――――――

(鳴り響くサイレンの音)

艦内アナウンス『全艦爆発まで残り10分です。艦内に残っている乗務員(クルー)は直ちに避難してください。繰り返します…。』

ケンジ「これで、やつらの野望も終わりだぜ…。さあ、脱出ポッドに乗って帰ろう!俺達の星へ!」

ショウスケが脱出ポッドの前で佇んでいる。

ケンジ「ショウスケ…?どうした?」

ケンジは脱出ポッドの中を見た。中にはシズカとカズヤが寝かされている。

ショウスケ「悪いな、ケンジ。」

ショウスケがケンジを突き飛ばす。

ショウスケ「この脱出ポッドは三人乗りなんだ。」

ケンジ「!!?」

脱出ポッドの扉が閉まる。

ケンジ「ショウ…スケ…?ショウスケ!?」

ケンジは脱出ポッドの扉を叩く。

ケンジ「おい!ショウスケ!ふざけんなよ!こいつを開けろ!」

ショウスケ「悪いなケンジ。脱出ポッドの扉は安全設計上、一度閉まったら向こうに着くまでは開かない。」

ケンジ「な…!?何で…。何でだ…。」

ショウスケ「言っただろう。その脱出ポッドは三人乗りだって。」



ケンジ「だからって、お前が残る意味がわかんねえって言ってんだよ!ショウスケ!」

ケンジは脱出ポッドの内側から叫ぶ。

ショウスケ「シズカとカズヤを頼む。」

ケンジ「ふざけんなよ!お前も帰るんだよ!四人一緒に!じゃねえと意味ねえだろ!」

ショウスケ「いいんだ。」

ケンジ「よくねえ!」

ショウスケ「裏切り者には哀れな末路が相応しい。」

ケンジ「ふざけんな!お前は裏切り者なんかじゃない!俺達を助けてくれた!俺達は親友だ!騒いで笑って楽しんだ、あの時間は本物だ!偽りなんかじゃない!シズカもカズヤも言うだろうぜ!俺だって何度だって言う!お前は俺達の親友だ!」

ショウスケ「ありがとう。その言葉だけで十分だ。」

ショウスケが脱出ポッドの発射スイッチを押す。

ケンジ「ショウスケ!ショウスケー!」

ショウスケ「さらばだ、ケンジ。」

(鳴り響くサイレンの音)

艦内アナウンス『全艦爆発まで残り5分です。艦内に残っている乗務員(クルー)は直ちに避難してください。繰り返します…。』




次回、ついに感動のフィナーレ!
最終回「普通に不時着、爆弾不発、しかして友情は不滅」お楽しみに!


―――――――――――

――――――

―――




白龍「はっ!いけない、いけない。私としたことがうたた寝をしてしまいました。」

パルナ「はくりゅー、疲れ取れた?」

白龍「え?あ、ありがとうパルナちゃん。少し、体が軽くなりましたよ。」

パルナ「ところではくりゅー、今は六月。六月と言えばジューン・ブライドだよね。」

白龍「あー、そうですね。六月に結婚するとヘラさんからの祝福を受けて幸せになれるっていう話ですね。」

パルナ「もしパルナが結婚するとしたらはくりゅーはどうする?」

白龍「パルナちゃんが…結婚…?」




―――

――――――
画像

提供:サーナイトさん。いつもありがとうございます!
――――――

―――



白龍「まあ~、吟味しますわな。相手を。超吟味。」

パルナ(あれ?何だかはくりゅーの目が据わってる…?うん、話題を変えよう。)

パルナ「ところではくりゅー、ハピフラハウスでパルナ達の絵が飾られてたよ。」

白龍「マジでございますか!?」

パルナ「日本語が乱れてるよ…。」

白龍「ひゃー、ありがたい!ありがとうございます!それと、右の方にリンクも貼りました。これで相互リンク!」

パルナ「もっと早くに相互リンクしとけばよかったね。」

白龍「そうですね。」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年06月06日 21:43
最終回のタイトルーーーーー!!?
いつもの夢、しかし今回はシリアス・・・と思わせておいて、この予告wwwwwww
感動を返せという読者の声が殺到必至!

佐久間「友情は不滅、だけで良かったかな。」
山田「死んでしまえば友情は続かない、生きてこそ友情は不滅だという、熱いメッセージを受け取った。」
佐久間「・・・。」

パルナちゃんが結婚するとしたら、相手は果たして・・・?
はくりゅーさんの目に適う相手は現れるのでしょうか?

八武「そうだ、おぢさんと結こn」
維澄「ああ、言い終わる前に破壊光線が・・」
神邪「ドクターあああああ!!」
2016年06月06日 22:50
>アッキーさん
最終回のタイトル、最初は「友情は不滅」だけだったのですが、どうしてもオチをつけたくて、このタイトルになりました。笑っていただけたのなら大成功。まあ、こういう場合、ひょっこり生き残って再会のパターンって多いですよね。しっかり理由を用意しているものから、無理やり生き延びさせたものまで多数。ならばいっそ、ネタにしてやろうかとも少し思いました。とにもかくにも命あっての物種ですね。

さて、パルナちゃんの結婚相手、でしたっけ…。大切な看板娘なので、超吟味しますよ。そりゃあ、もう、死ぬ気で…。


P.S.
リンク集にアッキーさんのブログのリンクを貼らせて頂きました。いいですかね?(←事後承諾)
2016年06月07日 22:31
リンクOKです!
私も、トップページにもリンクを張った方がいいのかなァ、と思ったり。
あるいはリンク集の記事を作るべきか・・・?
2016年06月08日 23:30
リンクを貼っていただいてありがとうございます。
私も白龍さんのブログをリンクに入れました。ちょうどこの際、リンク集を整理しました。(リンク切れのがけっこうあったので)
パルナちゃん、なんだか大人びてきましたね。白龍さんの顔がまじコワイ。
そして、ハピフラハウスでの二人のかわいらしいこと! ほのぼのした気分になりますね。
2016年06月11日 09:31
>アッキーさん
ありがとうございます!
まあ、色々と試してみるのもいいのかなあ、と思います。試行錯誤中。時にはブログ内の模様替え(配置換え?)も面白いかも。
2016年06月11日 09:31
>すずなさん
こちらこそありがとうございます。
いやあ、このブログを始めて数年、パルナちゃんも少しずつ成長しているような気がします。これが娘の成長を見守る父親の感覚…か。
絵を描いていただいたKunaiさんに大感謝。心がポカポカしてきます。これは小説でも書いて返礼するっきゃないかな?

この記事へのトラックバック