混線世界で遊戯王 ~模擬デュエル編~ その3

白龍「私のターン。この瞬間、未来融合により二体目のF・G・Dがフィールドに出る。そして、ドロー。」

攻撃力5000のモンスターが二体、その迫力は圧巻であった。だが、攻撃の手が止まる。パルナちゃんの裏側守備表示モンスターが何か分からないからだ。

白龍(さっき、タイダルで攻撃して反射ダメージを受けたからなぁ…。もし、あのモンスターが守備力10000とかだったらシャレにならないし…。かと言って、手札はタイダル、テンペストと今引いたカードのみ…。打開は難しい…。しかし、ここで攻撃しないで手をこまねいていいのか?田宮さんならどうする?冷静に機会を伺う?それとも気分任せ?気分任せだろうなあ…。じゃあ気分的にガンガン行く感じで。)

白龍「勇敢と無謀は違う。だが、慎重と臆病も違う。F・G・Dで裏側守備のモンスターに攻撃。」

パルナ「そう。残念だね。」

裏側守備表示のモンスターが攻撃されれば当然表側表示となる。

パルナ「F・G・Dじゃ、この子は倒せないんだよ!」

表となったドラゴンは、F・G・Dの攻撃を耐えた。


始祖竜ワイアーム
融合・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
通常モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):「始祖竜ワイアーム」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは通常モンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されず、このカード以外のモンスターの効果を受けない。


白龍「ワイアーム!しまった、その手があったか!」

パルナ「ブルーアイズ二体でも呼び出せるんだよ。」

白龍「…やることがない。ターンを終了する。」





5ターン目終了
たみやー(白龍)LP3850
手札:3(?、テンペスト、タイダル)
モンスター:F・G・DA(攻5000)、F・G・DB(攻5000)
魔法&罠:2(リビングデッドの呼び声、未来融合-フューチャー・フュージョン)

パルナちゃんLP4000
手札:なし
モンスター:始祖竜ワイアーム(守2000、耐性持ち)
魔法&罠:なし





パルナ「パルナのぉ、ターン!ドロー!…キター!やっぱりこのデッキはさいこーだよ!さいこーのタイミングで、さいこーのカードが来てくれる!パルナはハーピィの羽根帚を発動だよ!」


ハーピィの羽根帚
通常魔法(制限カード)
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。


リビングデッドの呼び声(破壊)
未来融合-フューチャー・フュージョン(破壊)

パルナ「たみやー(白龍)のリビングデッドと未来融合が破壊されたことによって、二体のF・G・Dも破壊だよ!」

F・G・DA(破壊)
F・G・DB(破壊)

白龍「…しまった。」

パルナ「そして、そしてえ!ワイアームを攻撃表示に変更!攻撃力は2700!ダイレクトォ~アターック!」

たみやー(白龍)LP3850→1150

白龍「ぐっ…。」

パルナ「ふふ、形勢逆転だよ。ターン終了。」





6ターン目終了
たみやー(白龍)LP1150
手札:3(?、テンペスト、タイダル)
モンスター:なし
魔法&罠:なし

パルナちゃんLP4000
手札:なし
モンスター:始祖竜ワイアーム(攻2700)
魔法&罠:なし





白龍(一気に攻め崩したいところだがワイアームが強固だ。魔法で除去したいところだが…。)

白龍「私のターン。ドロー。」

たみやー(白龍)は尻尾を器用に使ってカードを引いた。

白龍「ふむ…。そろそろ終わりにしてやろう。」

パルナ「えっ?」

白龍「まずは、墓地のレドックスの効果発動。墓地に存在するブラスターと手札のタイダルを除外し、自身を蘇生。またタイダルの効果を発動し、三枚目のタイダルを手札へ。次に手札抹殺を発動。」


手札抹殺
通常魔法(制限カード)
(1):手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。
それぞれ自身が捨てた枚数分デッキからドローする。


白龍「三枚捨てて、三枚ドロー。」

パルナ「パルナは0枚…(泣)」

白龍「次に手札のレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンの効果発動。レドックスを除外し、特殊召喚。」


レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
効果モンスター(制限カード)
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。


パルナ「ブルーアイズもいいけれど、レッドアイズもいいよね。」

白龍「ダークネスメタルドラゴンの効果で、F・G・Dを蘇生。」

パルナ「F・G・Dは滅びない…何度でも蘇る…って感じだね。」

白龍「更に墓地の最後のブラスターの効果発動。墓地のドラゴン族二体を除外し、自身を特殊召喚。」

パルナ「次々に高レベルドラゴンが揃っていく…。」

白龍「これで三体のドラゴンが揃った。さあ、葬儀の時間だ!ダークネスメタルドラゴンで攻撃!」

パルナ「は、破壊はされないもん。まあ、ダメージは受けるよ…。」

ダークネスメタルドラゴン攻2800
ワイアーム攻2700

パルナ「い、たっ。」

パルナちゃんLP4000→3900

白龍「続いてブラスターで攻撃!」

ブラスター攻2800
ワイアーム攻2700

パルナ「いたたっ。」

パルナちゃんLP3900→3800

白龍「そしてF・G・Dの攻撃時、手札から突進を発動することで攻撃力5700!」


突進
速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで700アップする。


F・G・D攻5000→5700
ワイアーム攻2700

パルナ「いったーいっ!」

パルナちゃんLP3800→800

ソリットビジョンであってもデュエリストにとっては本物の衝撃に変わる。パルナちゃんは大ダメージを受けて吹き飛んだ。しかし、パルナちゃんのヒロイン特性の一つに鉄壁スカートが存在する。どんな時だろうと全年齢ヒロインとしてのラインは守り通す。

パルナ「よっと。」

そして、パルナちゃんは持ち前の運動神経の良さを活かして空中で体勢を整え、鮮やかに着地した。

パルナ「耐えた…。耐えたよおお!!」

白龍「…。」

パルナ「ふっふっふ~。たみや~のデッキには通常モンスターなんてないでしょ。ワイアームを守備表示にすれば手も足も出ない。その間にパルナは戦力(手札)を増やさせてもらうよ。」

白龍「それはどうかな?」

パルナ「えっ?」

白龍「手札より波動キャノンを発動!」


波動キャノン
永続魔法
自分のメインフェイズ時、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、このカードの発動後に経過した自分のスタンバイフェイズの数×1000ポイントダメージを相手ライフに与える。


パルナ「げげっ!」

白龍「これでお前の命運は尽きた。次の私のターンで波動キャノンは1000ダメージを与えるカードへと変貌する。手札もなく、フィールドはワイアームのみで、墓地にも利用出来そうなカードはない。最早、希望など残されていない。やはり、木村を倒したのはまぐれだったか?」

パルナ「…まだ…。まだだよ!次のターンのドローに全てをかける!」

白龍「…いいだろう。デュエリストらしく最後まで足掻いてみろ。」





7ターン目終了
たみやー(白龍)LP1150
手札:なし
モンスター:F・G・D(攻5000)、ダークネスメタルドラゴン(攻2800)、ブラスター(攻2800)
魔法&罠:1(波動キャノン)

パルナちゃんLP800
手札:なし
モンスター:始祖竜ワイアーム(攻2700)
魔法&罠:なし

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2016年06月13日 04:07
ワイアームは読めなかったなァ・・・オリジナルカードが出てきた後だったので、てっきりポッポゥを素材とした上位種が2枚目のオリジナルカードとして登場すると思わされた! 巧妙な叙述トリックだ!

通常モンスター以外では破壊できないワイアームですが、このデッキだと、ブルーアイズとか究極竜が出てきそう・・・と思っていたら《波動キャノン》!?
何だろう・・・追い詰めているはずなのに、そこはかとなく漂うギャグの香りは・・・?
2016年06月13日 21:42
>アッキーさん
ポッポゥの上位種を作ってもよかったのですが、kunaiさんを差し置いて私が勝手に作るのもどうなのかと思って止めました。その代わりにワイアームというドラゴンカードを知ることが出来たし、叙述トリックも成功。やったあ。
アルティメットが出てきたらやばかったですね。一旦突破されたら総攻撃で終わる…。しかし、どうにも手札に恵まれませんでした。ただし、次のターンで必ず勝つ状況まで追い詰めた。でも、これって逆転フラグですよね…。

「これで終わりだぁ!」→終わらない
「希望などない!」→ある
「足掻いても無駄だあ!」→突破口が開ける

この記事へのトラックバック