告知

遊戯王ARC-Vが終了して約五ヶ月。最初のワクワクドキドキと最後辺りの駆け足具合の落差を考えるとどうにもやるせない気持ちになります。しかし、文句を言うだけなら容易い訳で、どうすればよかったのか、どうなっていれば少なくとも私はOKと言えるのか。それを妄想し、文字にするのが作家であり、二次創作なんですね。

という訳で、いつもお世話になってます「田宮行方の世界」にて「遊戯王4S'sの世界」を掲載して頂きました。

最も、話自体は田宮さんがその世界にちょいと訪れただけなんですが、概要の方に妄想の全てを詰め込んでおります。もし、よろしければどうぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年08月23日 05:54
毎度ありがとうございます。
タミユク掲載の度に、こちらでも告知を出していたのですね。

4S’sの世界は、「本来あるべきアークV」を魅せてくれていると思います。
これなら好き嫌いあれど、少なくともシリーズに恥じない出来になったはず・・・。
笑顔という健全なテーマを通しつつも、遊戯王の本来あるべき毒の要素も十分に持っていて、過去作のいずれとも異なる味になっているんですよね。
2017年08月23日 15:42
>アッキーさん
どうも、どうも。アッキーさんの方でも宣伝して頂いているのですが、私の方も自分の作品の時だけですが宣伝していこうと思います。

私の勝手な推測ですが、スマイル・ワールドは、おそらく「分かち合う」ことをテーマに作られたのだと思います。自分と相手のモンスターの両方を含むこと、攻撃力の僅かながらでもプラスになるということ。つまりはWIN-WINの関係。要するにこの世界で最も築くのが難しい関係です。
生半可なことじゃ実現しない。けれども、もしそれが実現した場合、自分と相手の両方が得をするという奇跡が起こる。

アークVは結果だけ見れば残念な最後になってしまいましたが、残ったものもあると思います。本来伝えたかったこと、本来行いたかったこと、本来行って欲しかったこと、本来見せてほしかったこと、それらを繋ぎ合わせていったら4S’sが出来ました。最後は少し駆け足に書いてしまったかもしれませんが、取り敢えず概要としては満足のいく出来になったと思います。

この記事へのトラックバック