脱衣決闘 第一話オマケ デッキ集

1. ブレイズ熊平のデッキ【ラヴァル】
(モンスター11、魔法8、罠1)

●モンスター詳細(下級チューナー6、下級4、上級1)
ラヴァル炎火山の侍女 (レベル1)3枚、墓地肥やし要員
ラヴァル炎湖畔の淑女 (レベル3)3枚、伏せカード対策

虹クリボー      (レベル1)1枚、絆のカード
ラヴァル・キャノン  (レベル4)2枚、除外を展開
ラヴァルのマグマ砲兵 (レベル4)1枚、真炎の爆発に対応したシンクロ素材

ラヴァル・ランスロッド(レベル6)1枚、真炎の爆発に対応したシンクロ素材

●魔法詳細
炎熱伝導場    3枚、墓地肥やし
真炎の爆発    3枚、蘇生
一時休戦     1枚、炎熱伝導場が来るまでの場繋ぎ
ブラック・ホール 1枚、全体除去

●罠詳細
業炎のバリア -ファイヤー・フォース- 1枚、炎熱伝導場が来るまでの場繋ぎ

★エクストラデッキ(シンクロ5)
ラヴァルバル・ドラゴン     (レベル5)1枚、勝てない相手などをバウンス
ラヴァル・ツインスレイヤー   (レベル5)1枚、守備モンスター対策 ※本編未使用
ラヴァル・ステライド      (レベル7)1枚、ラヴァルの切り札 ※本編未使用
エンシェント・ゴッド・フレムベル(レベル7)1枚、フレムベルの切り札
神樹の守護獣-牙王       (レベル10)1枚、熊平の切り札、唯一炎属性ではない

解説:炎熱伝導場が早く手札に来るかどうかで勝敗が大きく左右されるので気合いで引こう。三姉妹の内、ラヴァル炎樹海の妖女はリストラされているのでシンクロモンスターは5、7を軸にしている。岸本さんがくれた虹クリボーのためにラヴァル・キャノンが1枚減っているのは内緒。業炎のバリアいらなくね?などと言ってはいけない。スピードデュエルではメインフェイズ2がないので神樹の守護獣-牙王が更に強力なモンスターになる。炎熱伝導場、真炎の爆発からのシンクロ展開出来れば、ワンターンキル出来る攻撃力が揃う。






2.キャロル・キャロライナ・クリスティーヌ加藤のデッキ【???】
(モンスター10、魔法1、罠2、不明7)

●モンスター詳細(下級チューナー2、下級ペンデュラム1、下級6、最上級1)
魔轟神獣ケルベラル    (光属性レベル2)2枚、加藤のペット(手札コスト、蘇生)

EMラクダウン      (地属性レベル4)1枚、貫通付加

レベル・スティーラー   (闇属性レベル1)1枚、加藤のペット(手札コスト、レベル調整)
バトルフェーダー     (闇属性レベル1)1枚、防御カード
Emダメージ・ジャグラー (光属性レベル4)1枚、防御カード
超電磁タートル      (光属性レベル4)1枚、加藤のペット(手札コスト、防御カード)
スナイプストーカー    (闇属性レベル4)2枚、トリガーハッピー

カオス・ソルジャー -開闢の使者-(光属性レベル8)1枚、2回攻撃

●魔法詳細
手札抹殺 1枚、手札事故対策

●罠詳細
おジャマトリオ 2枚、加藤の切り札

★エクストラデッキ(シンクロ3、不明2)
スターダスト・チャージ・ウォリアー(レベル6)2枚、全体攻撃
瑚之龍              (レベル6)1枚、ドロー


解説:スピードデュエル専用に作られたデッキと思われる。先攻ならおジャマトリオを伏せて次の相手のターンでロック。後攻ならスナイプストーカーで相手が出した伏せカードやモンスターを破壊した後におジャマトリオでロックするのが基本の流れか。おジャマトークン達と全体攻撃(もしくは2回攻撃)モンスターとEMラクダウンの貫通効果で4000以上のライフを一気に削れる構成になっている。防御カードが多いのはおジャマトリオが来なかった時の保険と考えられる。

推測:デッキの中心を担う、おジャマトリオ、スナイプストーカー、魔轟神獣ケルベラル、EMラクダウンは3枚積みされている可能性が高い。となるとデッキ内の詳細不明なカードは残り2枚となる。
またエクストラデッキの瑚之龍はドローの役割も担っているため複数枚投入されている可能性がある。エクストラデッキは全てシンクロモンスターか。一次予選が進む中で他のカードも明らかになると思われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アッキー
2019年11月16日 22:44
余興的な話かと思いきや、普通にガチだった!
いや、面白かったです。
最後のフェーダーだけは察知できた、というか、フェーダーだったらヤバいと思っていたら、まさしく。
牙王で素直に攻撃していれば・・・。熊平くん、惜しかった。

加藤さん、単なるお色気キャラではなく、変則ながら強いデッキとか、ぺっと血を吐いたりと、外連味たっぷり。
ルフラン戦のときは、お色気を通り越して、変態すけべー痴女に描いてしまって、すまぬ・・・すまぬ・・・w

千花白龍
2019年11月17日 01:57
田宮さんが訪れた時はデュエルしなかったのですが、加藤さんは滅茶苦茶強いデュエリストなのです。公式記録上無敗の名は伊達ではない、という感じ。上手く書けたみたいでよかったです。
アッキーさんの指摘はまさしく的を得ています。第二話では、熊平君のそのプレイングに関する部分も触れられます。

実は、ルフラン戦の加藤さんを見て(読んで)、「こうじゃないんだよ~!」と思っていましたが、私が脱衣決闘本編を書かないから悪い。なので、「本編を書いて手本を見せなくては!」と思って書き始めたのがこの話です。
でも、書いている間、ずっと思っていたことは「ルフラン戦でのやつとは方向性が違うけれども、加藤さんが変態なのは間違いない」です(笑)。

第二話は来週ぐらいに掲載する予定です。お楽しみに。