遊戯王セブンス第19話「玉座たるもの」感想

card100095987_1.jpg
遊戯王で王座と言えば、このカード(↑)かな、と思う訳ですが皆さんは如何ですか?

ちなみに、こちら(↓)のカードが真っ先に浮かんだ貴方はデュエリストレベルが相当高いとお見受けいたします。
card100042270_1.jpg
ネタバレ注意。私の予想や想像も多数入っています。

★王道遊我・・・前回に続き、カイゾーに対し素っ気ない態度に見える遊我。ロミンにもそのことを指摘されるレベル。
人間相手ならロミンの主張は正しいと思うけれども、機械やAIに対してはどうなんだろうか。共通する部分はあれども、別の対応をしてもいい(もしくはするべき)部分もあるのではないだろうか。

で、今回の件を具体的に見てみると、遊我が慌てたりしたところで現状が変わらないんだよね。焦ってもカイゾーのデータが戻らないのならば、落ち着いて全体を俯瞰して色々と考えた方が良いだろう。また、その分の熱量を心の内に秘めておいて必要なことだけに集中する。その方が効率の良いやり方だ。
けれども、周りから見れば「冷たい」と思われるかもしれない。今回、遊我が本当は冷たい人間なのか、それとも心の内に想いを秘めているから表面的に冷たく見えているだけなのかが分かる話だった。(本物のカイゾーを一発で見破ったことと、カイゾーに対するセバスチャンの侮蔑の言葉に憤ったこと。)

それと、第一話に出て来た巨大ロボが夢の中で再登場(オープニングではずっと出て来てたけど。)。カイゾーをロボに変形出来るようにしたり、アイデアノートにロボット描いたりしてる辺りからして、かなりのロボ好きな様子。これが今後、ストーリーにどう絡んでくるのか楽しみである。



★新キャラ・・・ネイルの椅子兼執事のセバスチャン登場(声だけは以前から登場)。

ロード研究所の前に見知らぬマッサージチェアが置かれている時点で既にアレな状況だが、結局は皆座っちゃうんだよね。そして、セバスチャンによってセツリの庭へご招待。うん、知ってた。

椅子が喋ってることにツッコむのなら、最初のマッサージチェアの時にツッコむべきだった。(これがタイミングを逃すというやつか。)

このAIの口の上手さには正直、参った。理路整然と超理論が展開され、心はともかく、頭が「納得」してしまったのだ。いやあ、見事な椅子理論でした。これに関しては、ここで色々説明するより実際にセバスチャンの演説を聞いてもらった方が早い。

デュエルもデッキ破壊を主軸にしているかと思ったら墓地肥やしからの特殊召喚からの攻撃力4000のえげつなさ。色々と大胆なバトルスタイルであり、カウンターとかされた時のリスクを考えると並じゃビビッて(もちろん、初見でセバスチャンのデッキを看過することは出来ないという計算に基づいているのだろうけれども。)ここまで出来ない。王座がどうこうと豪語するだけのことはある。

けれども、遊我のロードに対する秘めたる想いまでは計算出来なかった様子。
9分の1の確率(だったかな?)で、遊我が本物のカイゾーを選び取った。(ひょっとすると前に付けていたGPSの超高性能版みたいなので場所を特定した可能性が無きにしも非ずだが。もし、そうだとしてもそれはそれでロードに対する遊我なりの熱意ということで。)

攻撃力0のモンスターは攻撃出来ない効果が続いているが、遊我の手札が潤沢である以上、勝負は決していた。

感情(?)を暴走させまくったセバスチャンは壊れてしまった。何だか後味が悪い気がしたが一時的なものだった。敗れはしたが、今後も続投ということで。



★西園寺ネイル・・・自ら廃棄を申し出るセバスチャンに対し、ネイルの一言が心温まる。これもまた友情もしくは愛情の一つの形なのだと思う。

遊我とカイゾー(サドル)、ネイルとセバスチャン、それぞれを対比させつつも、どちらも本人なりの形で相手を大切に想っているのが見える話だったと思います。



★次回予告・・・次回は「オトナはつらいよ」。
ミミさんVSヨシオだとぉ!?月太VSロアに続き、遊我達以外のデュエル再び。こういうデュエルを合間合間に挟んでいくことでマンネリ化を防ぐと共に、どっちが勝つか分からない展開も素晴らしい。ヨシオは自分の夢なり目標なりを見つけることが出来たのか。そして、この親子対決の行方は!さあて、続きを早く見なくては。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オサーレオン
2020年11月18日 23:38
王座の守護者ですか。懐かしい。

使用はしませんでしたが、持っていました。

今なら、ギルティアを通じてサーチなど、いろいろできますね。

ちなみに、冥界の番人も持ってました。GXに登場した時は嬉しかった。


また、遊我がロボ好きなことは、ぜひともストーリーに絡んで欲しいです。

精霊世界に行って、ラッシュデュエル版の古代の機械と仲良くなったりして欲しい。

(アークファイブでは、扱いが色々アレだったので)

他には、宇宙に行って、機械型宇宙人を助けてみたり。いろいろ楽しそうです。


そして、タイミングを逃す、ですか。

アニメではあまり聞かないですけど、いつか説明してくれたらな、と思ってます。


セバスチャンの超理論は本当にすごいと思います。みんな聞き入っちゃいます。

セブンスのこの話が、漫画であったのなら、コラ祭りにでもなったかもしれません。


遊我なら、本物のカイゾーを選び取るのも容易だったことでしょうね。彼は計算だけでなく、ひらめきも優れていますから。

まあ、そうでもなきゃ、発明家どころか、遊戯王主人公をやってられませんけど。
千花白龍
2020年11月19日 03:52
オサーレオンさん返信

>王座の守護者ですか。懐かしい。
>使用はしませんでしたが、持っていました。

私は王座の侵略者を持っていました。ラッシュデュエルでも昔のカードがちょくちょく収録されているので、見るたびに懐かしい気持ちになります。20年以上の歴史の賜物ですね。

>また、遊我がロボ好きなことは、ぜひともストーリーに絡んで欲しいです。
>精霊世界に行って、ラッシュデュエル版の古代の機械と仲良くなったりして欲しい。

ですね。GXでの古代の機械はクロノス先生共々輝いていましたので、是非とも友情を育んで欲しいものです。
遊戯王の巨大ロボと言えば機械王が頭に浮かんだけれども、遊我のロボもカードになったりするのかどうか。その辺りも楽しみにしてます。

>そして、タイミングを逃す、ですか。
>アニメではあまり聞かないですけど、いつか説明してくれたらな、と思ってます。

そうですね。上級、最上級モンスターのこととか、フィールド魔法とか、丁寧に説明してくれてますし、何かの機会に説明してくれたらと思います。(ちなみに、私が初めてタイミングを逃すというルールを知ったのは、リーフ・フェアリーとギルファー・デーモンがコンボしないという話から。最初は中々理解出来なかった。)

>セバスチャンの超理論は本当にすごいと思います。みんな聞き入っちゃいます。
>セブンスのこの話が、漫画であったのなら、コラ祭りにでもなったかもしれません。

本当ですね。セバスチャンはあの一回で思いっ切り弾けました。再登場の可能性が残っているだけで、思わずニヤリとしてしまいます。

>遊我なら、本物のカイゾーを選び取るのも容易だったことでしょうね。彼は計算だけでなく、ひらめきも優れていますから。
>まあ、そうでもなきゃ、発明家どころか、遊戯王主人公をやってられませんけど。

困難なことでもサラリとやってのける遊我はまさに主人公。毎度のことながら、流石としか言いようがないですね。