混線世界で遊戯王 ~恐怖!ランニング・デュエル~ 前書き

画像白龍「皆さん、暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。千花白龍です。」







画像パルナ「皆、元気にしてる~?看板娘のパルナだよ~。」








白龍「自分の書いた小説をブログという形で発表し始めて、気が付けばもう3年以上になります。そんな中で『英雄再来』は現在1年以上も発表がかかっているという状態。あ、もちろんちゃんと書いてちゃんと発表して完結まで持っていきますよ。」

パルナ「ただ、少し区切りがいい(?)からちょっと趣の違った小説を発表しようってことだよね。」

白龍「そういうことです。最近の『英雄再来』は登場人物が次々と退場していく心苦しい展開ばかりが続いたので、コメディー小説(?)で場を明るくしようと思いまして。」

パルナ「で、この小説にはパルナが出るんだよね?ね!?」

白龍「はい、もちろんですよ。看板娘をないがしろにしていてはいけませんからね。実はアッキーさんところのデュエル小説の中でコラボしていたkunaiさんという方がいましてね。」

パルナ「あ、ひょっとして、やぶーとデュエルしたっていう、ふじわらーっていう人の話?」

白龍「そうです。その藤原さんが主人公の小説があって、前々から気になってはいたんですが中々読みに行く時間がなくて…。」

パルナ「仕事と小説書くので一杯一杯だったもんね。」

白龍「ただ、ようやくお盆休みに入ったのでこっそり遊びに行った訳ですよ。いやあ、面白かったですね。で、その藤原さんの登場する小説Happy Flowerを読んでいて、自分でもデュエル小説を書きたくなりました。なので、書きました。」

パルナ「早っ!」

白龍「私はアッキーさんのようなコラボは得意ではないので、登場するのは私のキャラクター達ばかりですが。それと、ハッピーフラワーは8月10日で執筆からちょうど10年だそうです。」

パルナ「おお、十周年!凄いね!おめでとうございます~!」

白龍「じゃあ、我々もデュエル小説を発表していきましょうか。」

パルナ「は~い!」

"混線世界で遊戯王 ~恐怖!ランニング・デュエル~ 前書き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント