混線世界で遊戯王 ~恐怖!ランニング・デュエル~ 2ターン目

「パルナのターン!来い、ドラゴンモンスター、ドロー!」

お互いのフィールドが空っぽになった今、一気に形勢逆転出来るかもしれない大チャンスでパルナちゃんが引いたカードは!?


プチリュウ:通常モンスター
星2/風属性/ドラゴン族/攻 600/守 700
とても小さなドラゴン。小さなからだをいっぱいに使い攻撃する。



「…。攻撃力は低くてもドラゴンモンスターならオッケー!召喚して攻撃ー!」

『ぐわあッパー!』

復讐のカッパLP4000→3400

「パルナはこれでターン終了だよ。」



復讐のカッパLP3400 手札0枚
モンスター:なし
魔法&罠:リビングデッドの呼び声

パルナちゃんLP2700 手札0枚
モンスター:プチリュウ(攻600)
魔法&罠:なし





『むぐぐ…。このままでは…。だが、ミーは復讐のために心を悪に売ったのだカッパ!こんなところで負けられないカッパ!ドロー!』

カッパが引いたのは一枚の魔法カードだった。それを見た瞬間、カッパは笑い始めた。

『カッパッパッパ!カッパッパッパ!』

「な、何がおかしいの!?」

『今、ミーの最強のカードを拝ませてやるカッパ!悪に心を売って得た力をとくと見るがいいカッパー!』

そう言ってカッパはたった今引いたカードをデュエルディスクに入れた。

『魔法カード、トライワイトゾーンを発動カッパー!』

「!?」


トライワイトゾーン:通常魔法
自分の墓地に存在するレベル2以下の通常モンスター3体を選択して発動する。選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。



『甦るカパ!ザリガン!ヒトデンチャク!そしてサイコ・カッパー!』
カッパの墓地が蠢きだし、そこから三体のモンスターが蘇った。

「げげげっ!フィールド上に同じレベルのモンスターが三体!?ってこのやり取りも三度目な気がするけど。」

『二番煎じはしても三番煎じはしないカパ。さっきは二体、でも今は三体カパ!ミーは三体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れるカパ、我が悪の力!No.96!漆黒の闇よりの使者、ブラック・ミスト!!!』

カッパのフィールド上に黒いヘドロが現れる。それはグニョグニョと蠢いたかと思った次の瞬間、鋭い爪や足が飛び出し、モンスターの姿に変わった。


『グオオ…。』
No.ナンバーズ96 ブラック・ミスト:エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/悪魔族/攻 100/守1000
レベル2モンスター×3
このカードが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。その相手モンスターの攻撃力を半分にし、このカードの攻撃力はその数値分アップする。



「げげげっ!って攻撃力100!?なーんだ、大したことないじゃん。」
パルナちゃんは安心してホッと息を吐いた。

『馬鹿ッパめ!それが敗北フラグだカパ!バトル!ブラック・ミストでプチリュウに攻撃カパ!この瞬間、ブラック・ミストの効果発動!エクシーズ素材を1つ取り除いて相手の攻撃力を半分にし、このカードの攻撃力はその数値分アップするカパー!』

「何だってー!?それって必ず攻撃力が上になるってことじゃん!」

『その通りカパ!さあ、プチリュウのチンケな攻撃力を奪うカパ!シャドーゲイン!!』

『キュウウウ…。』
「ああー!動物虐待反対ー!」
ブラック・ミストに攻撃力を奪われてプチリュウは苦しそうだ。

プチリュウ:攻600→300
ブラック・ミスト:攻100→400

『喰らえええ!ブラック・ミストの攻撃!ブラック・ミラージュ・ウィップ!!』

「ああ!専用の攻撃技名まで!羨ましい!…じゃなかった、痛ー!」

プチリュウ(破壊)
パルナちゃんLP2700→2600

『これでミーのターンは終了カパ。』



「よくもーやったなー!頭にきたよ!パルナのターン、ドロー!」
パルナちゃんは勢いよくカードを引いた。
「お、来た来たー!パルナはベビードラゴンを召喚!」


『ガウッ。』
ベビードラゴン:通常モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 700
こどもドラゴンとあなどってはいけない。うちに秘める力は計り知れない。



「攻撃力が上がりきる前に倒せばいいんでしょ!ベビードラゴンで攻撃だよ!ドラゴンブレス!!」

『馬鹿ッパめ!ブラック・ミストの効果は相手ターンでも発動可能カパ!』

「え?」

『シャドーゲイン!ベビードラゴンの攻撃力もいただきカパー!』

ベビードラゴン:攻1200→600
ブラック・ミスト:攻400→1000

「あー!」

『そしてベビードラゴンを撃破カパ!』

ベビードラゴン(破壊)
パルナちゃんLP2600→2200

「ううう…。ターンエンド…。」



復讐のカッパLP3400 手札0枚
モンスター:No.96ブラック・ミスト(攻1000)
魔法&罠:リビングデッドの呼び声

パルナちゃんLP2200 手札0枚
モンスター:なし
魔法&罠:なし



『さあモンスターカードよ、来るカッパー!ドロー!』
カッパがここで攻撃力1200以上のモンスターを引き当てればブラック・ミストとの攻撃でパルナちゃんのライフは尽きてしまう。カッパの気合の入ったドローによって得たカードは!?

ドローカード:『守備』封じ

『ちっ。モンスターじゃないカパ。命拾いしたカパね。』

「ふう…。」

『だが、ブラック・ミストでダイレクトアタックだカパ!ブラック・ミラージュ・ウィップ!』

「痛ったーい!」

パルナちゃんLP2200→1200

『ターン終了カパ。さあ、お前の敗北のカウントダウンが聞こえてきたカパね?』

「ううう…。パルナのターン、ドロー。…モンスターを裏守備表示でセットしてターンエンド…。」
ウルウル目になりながらパルナちゃんはモンスターをセットしただけでターンを終えた。



復讐のカッパLP3400 手札1枚(『守備』封じ)
モンスター:No.96ブラック・ミスト(攻1000)
魔法&罠:リビングデッドの呼び声

パルナちゃんLP1200 手札0枚
モンスター:裏側守備表示(????)
魔法&罠:なし



『ミーのターン、ドローだカッパー!最早、風前の灯火カパね!しかし、ミーはモンスターを盾にして凌ぐことも許さないカパー!手札より魔法カード、『守備』封じを発動カッパー!』

「えー!」


『守備』封じ:通常魔法
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にする。



パルナちゃんのフィールド上の裏側表示モンスターが表側攻撃表示に変更される。


『斧っていいよね。ロマンだよね。』
アックス・ドラゴニュート:効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守1200
このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。



『アックス・ドラゴニュートだったカパか。当然、ブラック・ミストで攻撃カパ!さあ、そいつの攻撃力もいただきカパー!シャドーゲイン!』

「あー!また取られた…。」

アックス・ドラゴニュート:攻2000→1000
ブラック・ミスト:攻1000→2000

『そしてアックス・ドラゴニュート、破壊!』

アックス・ドラゴニュート(破壊)
パルナちゃんLP1200→200

「うう~…。パルナ、風前の灯…。」

『カーパッパッパ!最早、お前に勝ち目はないカッパ!今ならサレンダーしてもいいカパよ。』

高笑いしながらブレイクダンスしつつも時速8キロメートルラインを割らない超余裕のカッパに対し、パルナちゃんの消えかけていた闘志に火が付いた。

「…パルナだってデュエリストの端くれだよ。まだ負けた訳じゃい戦いを諦めるなんて絶対にしないよ…!」

『カーッパッパッパ!だったら親切心で教えてやるカッパ!ミーの手札の一枚は、ほれ…!』


『守備』封じ:通常魔法
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にする。



「あー!二枚目の『守備』封じー!?」

『お前がモンスターを守備表示で出そうとも、ミーのブラック・ミストが粉☆砕するカパー!ターン終了カパ。』



「ピンチもピンチ、大ピンチ…。」
カッパの手札が『守備』封じである以上、モンスターを守備表示にして凌ぐことも出来ない。それに、そもそも次のカードがモンスターかどうかなんて分からない。それ以上にパルナちゃんは何のカードがデッキに入っているかも分かっていない。そんな状況でもパルナちゃんは時速8キロメートルを下回ることはなかった。

「それでも…!」
パルナちゃんの足に力がみなぎる。大地を蹴って、風を切り、スピードが上がっていく。
「それでもパルナは最後の最後まで諦めないよ!!」
まるで大型エンジンでも搭載しているかのようにパルナちゃんの走る速さがドンドン上がっていく。スピードの限界に挑むかのように、スピードの先にある光を求めるかのようにパルナちゃんは走り続ける。

『カパァ!?』
その速さはカッパのトップスピードをも超えていた。

「行くよ、パルナのターン!ランニング・ドロー!」

絶体絶命の中で全力で走りながらパルナちゃんが引いたカードは!?



復讐のカッパLP3400 手札1枚(『守備』封じ)
モンスター:No.96ブラック・ミスト(攻2000)
魔法&罠:リビングデッドの呼び声

パルナちゃんLP200 手札0枚(一体、何を引き当てるつもりなんだ!?)
モンスター:なし
魔法&罠:なし



ラストターンに続く…。

"混線世界で遊戯王 ~恐怖!ランニング・デュエル~ 2ターン目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント