英雄再来 第十九話 新しい国3

期待はあった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「フォウルはどうだい?」
ツヲはフォウルにも話を振った。

「ワタシは…。」
フォウルは少し俯いて言った。
「正直、もう人間には期待したくない。ツヲ兄ちゃん、それにアール。ワタシ達が作った国の結末は覚えてる?」

フォウルにそう言われてアールとツヲの顔から明るさが消えた。
「はい…。」
「…もちろん。」


――――――――――――――――――

真ん中の土地の巨大都市に人々が集まり始めてから時間が急に早くなった。次々に人の数は増え、街は活気付いて、都市は更に大きくなった。増築が何度も行われ、どんどんと広く、大きくなっていった。他の場所に出来た村や町とも交流が出来て、人や物の交流が盛んに行われるようになった。
その間、オネ達は人々から神のように崇められていた。巨大都市を作ったこと、人々を迎え入れた心の広さ、強力な魔法を使えるという事実。それらのことから六人は畏敬と尊敬と感謝の対象として祭り上げられていた。

真ん中の土地の巨大都市は平和を謳歌していた。チュルーリが目覚めるまでは。

ある日、眠っていたチュルーリが目覚めた。目覚めたチュルーリは自分が破壊したはずの『国』が元通りになっていることに驚いた。同時に自分自身が極度の飢餓状態であることにも気が付いた。冬眠することで魔力の温存は出来たが、回復には繋がらなかった。魔力を回復するためには人間を喰う以外に方法はない。チュルーリが目覚めたのは、このまま眠っていては死んでしまうという生存本能からの目覚めであった。
チュルーリは都市に住んでいた人間を喰らった。また、自分に向かって来た者を全て殺した。その騒乱はすぐにオネ達の知るところとなった。そして、母親と子ども達は戦うことになった。
どれだけの時間戦い、どれだけの魔法が使われたのか見当もつかないぐらい辺りが滅茶苦茶に壊れ、人々が散り散りバラバラに逃げた後も長きに渡り繰り広げられた死闘の末に、チュルーリは六人によって真ん中の土地の黒い台座に封印された。
その時に、チュルーリの魔力は四分割されて勾玉となった。後の春、夏、秋、冬の勾玉である。オネ達はチュルーリを封印する代償として、自らもチュルーリの体内に封印されて、チュルーリが二度と目覚めないための要石となった。この時、ゼロだけは封印の仕上げをしたので黒い台座そのものに封印されることになった。

――――――――――――――――――



「ワタシ達は世界からいなくなることを承知で、お母ちゃんと共に封印される道を選んだ。それは、人間に期待したから。後のことを託せると思ったから。あの国での人間の様子を見ていて、かつてお母ちゃんが語った二つの国の争いや英雄ハイジマバイカの心配したようなことにはならないと思ったから。この世界を任せられると思ったから。…でも、駄目だった。」

その時のフォウルの目はドロリと濁っていて、黒水晶のような冷たさが宿っていた。

"英雄再来 第十九話 新しい国3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント