2015年ハロウィンの怪

画像


どうも皆さん、私は千花白龍。そう、私はハクリューのはずだったんですが、朝起きて鏡を見たらカイリューになっていました。この手紙を読んでいる貴方。どうか、この事件の真相を暴いてください。それだけが、私の望みです。


白龍「って、ちがーう!驚きのあまり訳の分からない置き手紙を書いてしまった…。ってカイリューになったとかナレーション入ってるけど、違うよね!?これ、ただのスーツ(?)だよね!?」

白龍はカイリュー寝巻きを脱ごうと退化を試みた。しかし、装備は呪われていた。

白龍「呪われてるー!って言うか、装備って言ってる時点で進化じゃないよね!?実はこれがただの服だってこと隠す気ないよね!?しかし、一体誰がこんなイタズラを…。湖の住人でイタズラ好き、もしくは呪いや魔法が使えるキャラクターは…。駄目だ、容疑者が多過ぎる…。」

???「ふふふ…。」

その時、白龍の後ろから妖艶なる笑い声が聞こえてきた。驚いた白龍が後ろを振り返るとそこには大人びた雰囲気を漂わせたパルナちゃんがいた。

画像


白龍「あらあら、パルナちゃんったら随分と成長して…。って、そんな二、三日で成長するものなのか!?」

パルナ「二、三日…?ふふふ、はくりゅーが仕事と風邪で綱渡りをしている間に11日も過ぎていたんだよ?」

白龍「な、何だってー!」

パルナ「その間にパルナは進化したの。この前、経験値16588を得た訳だし。」

白龍「な、何だってー!」

パルナ「さあ、はくりゅー。パルナと遊べー!トリック、オア、トリッ~ク!」

白龍「選択肢が実質一択!?こうなったら遊ぶしかない!」




その日、一日中パルナちゃんは白龍に遊んでもらいました。めでたしめでたし。

絵を書いてくれたサーナイトさん、ありがとうございました!

"2015年ハロウィンの怪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント