英雄再来 第二十話 オネの暇潰し2

オネの主張。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

壁の中にあった空洞へとオネは一歩踏み込んだ。それだけで視界は先ほどまで太陽の下の光溢れる世界から全てを拒むような薄暗い世界へと変わった。
壁の中の空洞には光を取り込むような窓がなかった。その存在を隠すために外部との接触を極力避けるための工夫だったのだろう。その代わり、オネが上を見ると、そこには蝋燭と燭台があった。

「炎(ブラーゼ)。」

オネは極々小さな炎を出して蝋燭に火を点けた。すると、少しだけ空洞の中が明るくなった。その蝋燭のほのかな明かりが照らし出したのは暗闇の中に眠っていた数々の本と本棚であった。

「書庫…?」
フォウルも中を覗き込んだ。

「のようだな…。」
オネは真実の眼を使って白くなった瞳をギョロリと動かし、全体を把握した。
「敵はいないな…。」
オネは軽くため息を吐いた。

「まあ、当然か。私が一歩足を踏み入れた段階で何も起こらなかったのだからな。…しかし、ここは火を欲しているな。」
肌で部屋の中の空気を感じればここが非常に乾燥していることが分かる。蝋燭が倒れれば即座に燃え広がりそうだった。

「止めて。」

「やらんよ。」
オネは二、三歩、部屋の中に踏み込んだ。
「私に歯向かう意思があるなら誰であっても、どんな状態であっても戦おう。例え一秒で終わる戦いだったとしても、だ。だが、ここには私へ戦いを挑む者の意思を感じられない。それじゃあ、戦ってもつまらないじゃないか。」


フォウルはため息を吐いた。
「もう、オ姉ちゃんを満足させられるような戦いが出来る人なんていないよ…。オ姉ちゃんより強い人なんて…。」

「いたさ。かかかっ。」

フォウルの脳裏には瞬間的に母親のチュルーリの姿が浮かんだ。兄姉妹六人がかりでやっと封印することが出来た自分の母親の顔。あの時の戦いは生き残ることに必死で、チュルーリがどんな表情をしていたのか、自分がどんな戦いをしたのか、それすらもほとんど思い出せないでいた。
「…お母ちゃんはもういない。今はオ姉ちゃんが一番でしょ。」

「いや、世界は広い。まだ、どこかに私より強い者がいるかもしれないし、これから出て来るかもしれん。それに例えば太陽が私に反逆する意思を持ったら、殺すのには骨が折れそうだ。まあ、かなり楽しめるだろうがな。かかかっ。」

「オ姉ちゃんなら本当に出来そう…。」

「かかかっ。それに、問題は勝ち負けじゃない。戦う意思だ。この前のタイチョーとの戦いも、アールとの戦いも私が勝ったが、満足する戦いだったぞ。」


「結局はオ姉ちゃんが勝つんでしょ?」

フォウルの問いにオネは不気味に笑った。
「当たり前だ。私は戦って戦って戦って勝って勝って勝ち続けたいんだ。死んだらそれ以上戦えないだろう?だから私は絶対に負けない。そのための強さ、そのための力を手に入れたんだ。これからも私は戦う。私に勝負を挑む者、私の前に立ちはだかる者、全てに勝って勝って勝ち続ける。そして、証明する。今の私は世界で一番強いんだと、この世界に示し続けてやる…!かかかっ!」

オネの笑い声が隠し部屋の中に響き渡った。

"英雄再来 第二十話 オネの暇潰し2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント