英雄の子孫 プロローグ

プロローグ

一人救えば善人。
半分救えば英雄。
全員救えば神。

「私」は、死んだと思っていた。「私」は、世界に必要ないと思っていた。「私」は、世界から消えたと思っていた。
しかし。しかし、しかし。
「私」は、『この世界』に必要とされた。ならば、必要とされよう。それが「私」のすべきこと。世界から逃げ出した「私」が今さら善だのと言えるはずもない。
が、それでも。
もう一度始めよう。自分の道を探し、進むことを。この道が善の道だと信じて。
「私」はこの世界で英雄となった。そして、神を目指した。





 昔々、この大陸でのお話。この大陸には東西二つの国があった。東の国は今のイーリスト、西の国は今のウエリスト。この二つの国は真ん中の土地を巡って戦をしていた。戦は長く続き、人々は疲れ果て、土地も武器も家も畑も何もかもボロボロだった。
 ある日、真ん中の土地に一人の英雄が現れた。英雄は人々の話を聞き、今の大変さを知り、この戦を終わらせることを誓った。そして、たった一人でこの戦を終わらせた。大陸に平和が訪れた。
 それから数百年の月日が流れた。もはや、その英雄はいない。二つの国は英雄の言いつけを破り、戦を始めた。中央に広がる土地をめぐって。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年08月08日 23:20
一人殺せば悪人。
半分殺せば英雄。
全員殺せば神。
数が増えれば、どちらでも変わらないのは皮肉めいていますね。

・・・もしかして、この英雄は梅花さんですか?
2012年08月09日 09:48
>アッキーさん
神様は何でも出来るので、行きつく先はそこのようです。確かに皮肉な感じがします。
さて、ここで語っているのはまさしく梅花さんです。こんなに早く再登場することになるとは…。ただし、タイトルからもお分かり頂ける通り、英雄である梅花さんが主役ではありません。むしろ脇役。

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: 英雄の子孫 プロローグ 千花 白龍の憩いの湖/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-05 21:21
  • プラダ メンズ

    Excerpt: 英雄の子孫 プロローグ 千花 白龍の憩いの湖/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-06 02:21