脱衣決闘 第三話1

第三決闘(サードデュエル)「アブナい美青年」

うつくしく うつくしく うつくしく うつくしく そして、美しい!!
『ポケットモンスターSPECIAL』より抜粋




三日目に突入した世界デュエル大会の一次予選。一会場につき256人の生き残ったデュエリスト達が、今日の終わりには32人にまで減る。今日が終われば一次予選は終了で、一日の休憩を挟んでから二次予選が始まる。
キャロル・キャロライナ・クリスティーヌ加藤が参加しているB地区会場は、彼女の姿を生で見ようと大勢の観客が押し寄せていた。普段であっても一次予選の最終日は観客が多くはなるが、それでも立ち見が出るほどではない。報道陣や取材の者達も多く集まり、会場は人でごった返していた。そんな中、デュエル会場に加藤が姿を現した。観客席からは割れんばかりの声が響く。その熱狂振りは世界大会の本戦とも引けを取らないほどだった。


「一次予選最終日の始まり、か・・・。」

人で溢れる観客席。そこに昨日と変わらない場所に座っている無精髭の男がいた。その隣にはマイクを持った泣き顔の小波もいる。

「ふええ・・・。プロデューサーさん、ごめんなさい・・・。」

「だから昨日のことは、もういいっつてんだろうが・・・。」

「今日はお詫びも兼ねてお弁当作ってきましたから・・・。」

「分かった分かった。食うから。それ食わせてもらうから泣き止め。」

「はい・・・。」

ブビビビビ。小波はティッシュで鼻をかんで、ハンカチで涙を拭いた。

「・・・プロデューサーさん、今日は凄く人が多いですね。」

「加藤効果もあるんだろうが、世界デュエル大会は今までが前座だからな。こっからが本番・・・通称『地雷原』だ。」

「じ、地雷原?随分と物騒な名前ですね。」

「何せ、ここから過去の本戦参加者が混じる。」

「シード選手ってやつですね。」

「そうだ。そもそも、世界デュエル大会の始まりはデュエルの啓蒙。だから参加資格を『デュエリストであること』だけにした訳だ。だから参加者はデュエリストレベル2前後のやつが多い。だが、そういう素人デュエリストの多くは256人の中には残れない。」

用語解説:デュエリストレベル
デュエリストの強さを表す指標の一つ。狭義では過去の公式試合の結果から算出される数値のこと。一般的には、デュエルを始めたばかりの初心者がレベル1、アマチュアの最高峰がレベル6、プロデュエリストはレベル7以上、と言われている。

「2000人以上いた中の256人ですから、約8分の1ですね・・・。」

「一方で、世界デュエル大会本戦出場経験者のデュエリストレベルは平均で7ちょいってところか。レベル差の大きいデュエリスト同士のデュエルはどちらにとってもメリットが薄い。」

「そっか、強いデュエリストからしたら戦い甲斐がないし、弱いデュエリストからしたら圧倒的に勝たれたらつまらないですもんね。」

「まあ、強いデュエリストとの戦いはメリットも多いと思うが、啓蒙の趣旨からは少々ズレちまう。予選の初日、二日目でレベルの低いデュエリストにデュエルを楽しんでもらう機会を与え、三日目からはレベルの高い試合も保障する。どのレベルのデュエリストにもいい試合を提供したいっていう主催者側の配慮だな。」

「なるほど・・・。とにかく今日からは、いつ旧本戦参加者と当たるか分からない。まさに『地雷原』、ですね。」

「そういうことだ。さて、加藤はいつ地雷を踏むかな・・・。」

(もう・・・。プロデューサーさんったら、また加藤選手のことだけ気にかけて・・・。)

ホッペを小さく膨らませながら、そんなことを思っていた小波。その時、ふと小波の脳裏に昨日の加藤との会話が過ぎった。


「へえ・・・。あなた、裏専だったのね。」

「な、何の話です?」

「魔王モンスターを出しといて、とぼけるなんてないんじゃない?」

(プロデューサーさんが、裏専・・・?そんなこと、有り得ない・・・。だって、プロデューサーさんはわたしの恩人だから・・・。わたし、信じてますからね。プロデューサーさん・・・。)



加藤が地雷を踏んだのは、その日の最終戦だった。それまでの二戦を無傷で勝利した加藤は、本日最後のデュエルに臨むべくデュエル会場にやって来た。

「んんっ!」
水色のスーツに身を包む、高身長でハンサムな長髪の男が加藤の目の前に現れる。
「君の!」
大きな声。
「服が!」
大げさな動作。
「ボクに!」
台詞を吐く度に変わるポーズ。
「脱がされたがっている!」
整った顔立ちも相まって、見る相手に「残念な奴」という感想を抱かせる、そんなポーズだった。

「それは決めポーズかしら?とても効果的ね。」

それを加藤は涼しい顔で受け流す。

「お褒めに預かり光栄だよ、加藤君・・・。ボクは!」

右手を高く上げ、左手を低く下げる。そのポーズは何故か飛び立つ瞬間の白鳥を彷彿させた。

「ビューティ西園寺(さいおんじ)!」

用語解説:ビューティ西園寺(さいおんじ)
残念なイケメン。ルックスだけはいいと評判のデュエリスト。男女関係なく、裸体こそが世界で一番美しいと考えているが、ただ単に服を脱ぐと猥褻物陳列罪になるため我慢している。激しいデュエルの末に服が脱げ、裸になることを脱衣(キャストオフ)と称する。コアなファンの中には、彼に脱がされるためにデュエルを挑む者もいるとかいないとか。全てのデュエリストの服を脱がすという目標のために世界デュエル大会に参加。デュエリストレベルは7。前々回の世界デュエル大会本戦出場経験者。

「一回戦での熊平君とのデュエル、拝見させてもらったよ・・・。」
突如、両手を優雅に広げる西園寺。
「実に!」
その手の指先の角度だけで空を舞う白鳥を見る者に彷彿させた。
「ビューティフル!!」

そのまま羽ばたき始める西園寺。
「が、しかし!」
そのポーズに圧倒され、彼の話が頭に入ってこない者も少なくないだろう。
「ボクは思ってしまった!君の脱衣(キャストオフ)も見てみたいと!」
そして、両手をしなやかに沈ませる。白鳥の着水であった。
「だから!」
そして、白鳥は再び宙を舞う。
「この試合で!ボクは!君の服を!全て脱がせよう!」
気が付けば、そのポーズは白鳥を超えて鳳凰の輝きを放っていた。
「君が一番輝ける舞台をボクが創ってあげよう!」

台詞と共に西園寺は再び決めポーズの姿勢を取った。普段であれば即通報な台詞も、デュエル前という非日常であれば光り輝く。会場からは様々な声援が飛び交う。

「そう・・・。」

だが、加藤はそれらに一切動揺することなくサラリと言い放った。

「でも、それは叶わぬ夢なのよ。だから、代わりに私があなたの服を全て剥ぎ取ることを確約するわ。」

『時間です。デュエルを開始してください。』

アナウンスがデュエル会場に響き渡る。加藤と西園寺は同時にデュエルディスクを展開した。

「「デュエル!!」」


勝者は二次予選進出、敗者は全裸。絶対に負けられない、戦いが始まる。


一次予選ルール【変則スピード脱衣デュエル】
~ルールを守って、しっかり脱衣~
●服装に関すること
1.デュエル開始時に着用している衣類は4つまでとする。
2.1000ライフ分減る度に衣類を1つ脱がなければならない。
3.1000ライフ分得る度に衣類を1つ着てもよい。

●デュエルに関すること
1.初期ライフは4000ポイントとする。
2.デッキは20枚とする。
3.エクストラデッキは5枚までとする。
4.初期手札は4枚とする。
5.モンスターゾーンは3つとする。
6.魔法・罠ゾーンは3つとする。
7.ペンデュラムゾーンは魔法・罠ゾーンとは別に左右1つずつ存在する。
8.フィールドゾーンは、魔法・罠ゾーンとは別に1つ存在する。また、相手フィールドにフィールドカードがあるときに自分がフィールドカードを発動した場合、何も起こらない。(フィールドカードはお互いのフィールドゾーンに1枚ずつ存在出来る。)
9.先攻後攻はコンピュータで決定する。
10.先攻1ターン目のプレイヤーは、そのターンのドローフェイズでドロー出来できないものとする。
11.メインフェイズ2はないものとする。

●デュエルの勝敗に関すること
1.着用している衣類がないプレイヤーは敗北する。
2.ライフポイントが0になったプレイヤーは敗北する。
3.デッキが0枚で、カードをドローしなければならない時にドローが出来ないプレイヤーが出た場合、残りライフポイントが少ない方のプレイヤーが敗北する。ライフポイントが同じ場合、再度デュエルを行う。
4.特殊勝利は禁止とする。
5.互いのプレイヤーが同時に異なる敗北条件を満たした場合、1.の条件を満たしたプレイヤーがいればそのプレイヤーの敗北とする。
6.互いのプレイヤーが同時に同じ敗北条件を満たした場合、再度デュエルを行う。

●その他に関すること
1.審判のジャッジには従うものとする。
2.デッキ、エクストラデッキは、一次予選終了まで変更出来ないものとする。
3.禁止カード、制限カードに関しては今年度の世界決闘法に準じるものとする。
4.服装、デュエルに関することで、ここに書かれていないことは世界決闘法に準じるものとする。


ビューティ西園寺 LP4000
キャロル・キャロライナ・クリスティーヌ加藤 LP4000

コンピュータのランダムセレクトにより先攻は西園寺となった。

「んんっ!ボクのターン!手札より零れ落ちた少年の雫が摩訶不思議な世界への扉を開く!」
訳:手札のクラウソラスの影霊衣(ネクロス)の効果を発動します。このカードを捨ててデッキから影霊衣(ネクロス)の万華鏡を手札に加えます。

クラウソラスの影霊衣(ネクロス)
儀式・効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻1200/守2300
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「クラウソラスの影霊衣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「影霊衣」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):エクストラデッキから特殊召喚された、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。この効果は相手ターンでも発動できる。

西園寺が手札に加えたカード
影霊衣(ネクロス)の万華鏡
儀式魔法
「影霊衣」儀式モンスターの降臨に必要。
「影霊衣の万華鏡」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):儀式召喚するモンスターと同じレベルになるように、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリース、またはエクストラデッキのモンスター1体を墓地へ送り、手札から「影霊衣」儀式モンスターを任意の数だけ儀式召喚する。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地からこのカードと「影霊衣」モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「影霊衣」魔法カード1枚を手札に加える。

「さあ、美しき美の華開くイリュージョンを始めよう!儀式魔法、影霊衣(ネクロス)の万華鏡を発動!エクストラデッキからレベル4の虹光の宣告者(アーク・デクレアラー)を墓地へ送って、レベル4のユニコールの影霊衣(ネクロス)を儀式召喚!」

ユニコールの影霊衣(ネクロス)
儀式・効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻2300/守1000
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「ユニコールの影霊衣」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、「ユニコールの影霊衣」以外の自分の墓地の「影霊衣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、エクストラデッキから特殊召喚されたフィールドの表側表示モンスターの効果は無効化される。

「更に!墓地に送られた虹光の宣告者(アーク・デクレアラー)の効果発動!」

虹光の宣告者(アーク・デクレアラー)
シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

「この効果でグングニールの影霊衣(ネクロス)を手札に加えよう。」

西園寺が手札に加えたカード
グングニールの影霊衣(ネクロス)
儀式・効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2500/守1700
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。レベル7以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「グングニールの影霊衣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの「影霊衣」モンスター1体を対象として発動できる。このターンそのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
(2):手札の「影霊衣」カード1枚を捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

「先攻1ターン目は攻撃出来ない。ボクはこれでターンを終了するよ。」



「私のターン、ドロー。」

加藤はしなやかにカードを引き、手札の中から1枚を選び取る。

「スナイプストーカーを通常召喚。」

スナイプストーカー
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 600
手札を1枚捨て、フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。サイコロを1回振り、1・6以外が出た場合、選択したカードを破壊する。

「ユニコールの影霊衣(ネクロス)を対象に効果を発動するわ。捨てるのは、この子よ。」

魔轟神獣ケルベラル
チューナー(効果モンスター)
星2/光属性/獣族/攻1000/守 400
このカードが手札から墓地へ捨てられた時、このカードを墓地から特殊召喚する。

「はっはー!ボクの手札にこれがあるのを忘れたのかな!?手札より投げ捨てられし聖母のローブが悪しき力から彼を守る!」
訳:手札のグングニールの影霊衣(ネクロス)の効果を発動します。このカードを捨てて、フィールドのユニコールの影霊衣(ネクロス)に破壊耐性を付与します。

グングニールの影霊衣(ネクロス)
儀式・効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2500/守1700
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。レベル7以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「グングニールの影霊衣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの「影霊衣」モンスター1体を対象として発動できる。このターンそのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。
(2):手札の「影霊衣」カード1枚を捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

「ダイスロール。」

ユニコールの影霊衣(ネクロス)破壊耐性が付与されたものの加藤は効果処理としてサイコロを振った。出た目は4だったが、スナイプストーカーの銃弾はヒラヒラと舞う布に阻まれてユニコールの影霊衣(ネクロス)に届かなかった。

「破壊出来ないことは大した問題じゃないわ。大事なのは、この子がちゃんと戻ってくるってことよ。ケルベラルの効果発動。この子を特殊召喚するわ。」

捨てられても健気に主人の元へ帰って来るケルベラルを加藤は女王聖母のような優しい目で見つめる。

「ふふ・・・いい子。レベル4のスナイプストーカーにレベル2の魔轟神獣ケルベラルをチューニング。水底に潜みし湖の竜よ、我が為にその力を振るい給え!シンクロ召喚、瑚之龍(コーラル・ドラゴン)!」

瑚之龍(コーラル・ドラゴン)
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2400/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

「更に墓地の闇属性、スナイプストーカーと光属性、魔轟神獣ケルベラルを除外してカオス・ソルジャー -開闢の使者を特殊召喚!」

「うっ!」

一次予選一回戦で熊平にトドメを刺した加藤の主力モンスターが早くも登場である。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-
特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。このカードの(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

「カオス・ソルジャーの効果発動よ。ユニコールの影霊衣(ネクロス)を除外するわ。破壊出来ないなら除外すればいいじゃない。」

ユニコールの影霊衣(ネクロス)(除外)

「バトルよ。瑚之龍(コーラル・ドラゴン)で攻撃。」

「ふんもっふ!」

ビューティ西園寺 LP4000→1600

スターダスト・チャージ・ウォリアーの攻撃を受けて奇声を発しながら大きく仰け反る西園寺。しかし、倒れない。何故か、倒れない。まるで足の裏が地面に吸い付いているかのような、手を地面に付けないブリッジの姿勢を保っていた。その後、腹筋だけで元の状態に戻ってきてポーズを取った。

脱衣(キャストオフ)!」

そして、脱衣である。西園寺が着ていた青いスーツ上着とYシャツの2枚がボンッという爆発音と共に吹き飛んだ。

「失礼。驚かせてしまったかな?ボクの服は特別製でね。ボク自身のライフポイントが1000ポイント分減る度に一つずつ弾け飛ぶ。まさに、美だ。」

「・・・ええ、驚いたわ。ターンエンド。」

加藤は目をパチクリさせながらターンを終えた。


創造神からの出題8
以下の文章を読み、(※)に入る言葉として相応しいと思うものを選択肢の中から選べ。

先生!加藤が!全然服を脱ぎません!
先生!加藤の!脱衣(キャストオフ)は、まだですか!?
「(※)」

1.「うるさい!」
2.「脱げ!」
3.「デュエルを乱すな!」

直感で構わないので画面に向かって「1」か「2」か「3」か、を叫んでみよう。
叫んだ君も叫ばなかった君も、今日から脱衣決闘だ!
(この出題は単なる遊びであり、深い意味はないものとする。)



3ターン目、西園寺のドローフェイズ前
キャロル・キャロライナ・クリスティーヌ加藤 LP4000
手札:2枚
モンスター:カオス・ソルジャー -開闢の使者-(攻3000)、瑚之龍(コーラル・ドラゴン)(攻2400)
魔法&罠:なし

ビューティ西園寺 LP1600
手札:2枚
モンスター:なし
魔法&罠:なし

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アッキー
2019年11月26日 01:20
着々と進行するトーナメント!
第二話のアイマス(で合ってますよね?)も熊平の感想戦からして面白かったですが、第三話イケメンきたこれ!

どっちかというとミクリよりもタッコクの美王・サイゾーでイメージされますねぇ。この残念さ、好きな感じ。
決学の鳳円寺といい、◎◎寺な苗字を残念なイケメンにする傾向的法則が存在している・・・?
イッツ・ア・ビューティフル・アワーズ!

スナイプストーカー、ケルベラル、コーラルドラゴン、そして開闢と、すっかり加藤さんのしもべとして馴染んできた感があります。
これが繰り返しの法則か・・・(通称、過労死)
新しいカードが次々と出るよりも、見慣れたカード群で定番の戦術を変幻してくる方が見ごたえがある、というデュエル哲学。

おジャマ「オイラたちの出番も楽しみにしてくれよな!」

美しいデュエリスト西園寺は、おジャマに美を感じるか?
いろんな意味で続きが楽しみです。

千花白龍
2019年11月26日 03:17
>アッキーさん
キリの良い一次予選終了までガンガン進行する予定です。
はい、合ってます。あれはアイマスのCMのパクリです。テンポがいいので、つい・・・。

一回戦の熊平君が熱血系だから、爽やかイケメンを登場させようと思ってキャラ作りを始めて、出来上がったのがコレ。まさか、残念イケメンの法則を後押しする結果になるとは・・・。いやあ、法則には逆らえんモンですな(笑)

しもべ(ペット)の扱いに定評のある加藤さん。加藤さんのデッキは一次予選のルールと相まって、多方面のデッキに刺さる構成になっていますからね。対戦相手によって戦い方も変えてくるし、まさに変幻自在。それが出来るのは、加藤さんのデュエルに関する知識量の多さ故。それこそが、加藤さんの強さの秘密なのかもしれません。

もちろん、このデュエルのどこかでおジャマが火を吹きます。さて、おジャマされた時、西園寺はどう反応するか。次回もお楽しみに!